転職するか迷ったときの判断基準・解決方法の総まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職しようか。。けど本当に転職すべきなのか。。
もしあなたがこれから挙げる「転職すべき10の理由」に当てはまるのであれば、それは転職する良いタイミングです。

転職判断の基準10個

この判断基準に多く当てはまる場合は、転職することをおすすめします。

アイデアを実行する環境がなく、挑戦することが億劫になっている

自分がいいアイデアを思いついても全く取り合ってもらえず、試す機会がない。

そんなことが長く続いて、そのうち挑戦すること自体が億劫になってしまいます。

挑戦したり、何かを新しく始めたいと考えていて、それが今の会社でできないのであれば転職するべき理由のひとつになります。

会社にいてもこれ以上能力が身につかない

当然転職すべきです。

これからの時代最も恐れなくてはいけないのは、「能力がつかない」ということです。なぜなら、近年は終身雇用と違い、転職するのが当たり前になってきているからです。

逆にいえば、どんどん能力のある人があなたの会社にも入ってくる可能性があります。「これじゃあ能力がつかない」と思ったら転職することをおすすめします。

何も学べていない

あなたが今の会社で何も学べなくなっている、もしくは学びたいことが無い、学べる環境に無い、というのなら転職すべきです。

先の、「能力がつかない」と密接に関係していますが、学びたいと思うことがなかったり、今の会社で興味のあることがない場合、新しいことをして人生を豊かにするべきです。

常に働いている。たくさんの仕事があり、それをやりきるだけの時間が無い

あまりにあなたに仕事が集中しすぎ、作業を振れない状況に立たされ、大した給料がもらえない状況というのはよくあります。

少しの期間ならまだしも、いつまでもその状況を受け入れ続けるのは良くありません。区切りをつけて、タイミングが悪くてもやめるという決断をするべきです。

もし交渉して給料を上げてもらえたり、残業が減るようであれば、それはそれで会社に残る理由になるので、まずは交渉からはじめてみると良いかもしれません。

ロールモデル(目標となる人物)がいない。またはメンター(精神的支え)がいない。

ロールモデルとなる人物はそう簡単にはいませんが、自分が将来嫌いな上司のようになってしまう恐れがあるのなら退職しましょう。

その会社の環境で同じように仕事をしていたら、嫌な上司と同じような人間になる可能性は高いです。

自分の描いている理想(たとえそういう人を想像できなくても)に近い働き方や、仕事をしている人の側で働くべきです。

退屈している

退屈していませんか?

仕事は人生のうちの半分以上を占めています。プライベートの方が大事だからとか、仕事の方が大事だからとかそういう問題ではありません。

事実として、仕事が人生の半分を占めているのですから、退屈しない仕事を選びましょう。

退屈な仕事をして、人生を無駄にするのだけはおすすめしません。

過小評価され、十分な給料をもらえていない

これはよくあることです。

経営者、もしくは上司がやめないとたかをくくって、不当な給料で働かされるような状況であればやめてしまいましょう。あなたは転職市場では負け組ではありません。

転職サイトでは自分の価値はなかなかわかりませんが、転職エージェントに話を聞けば、自分の給料がどれくらいなのか、判断することができます。

その際に自分の給料があまりに安いようであれば、転職することをおすすめします。

あなたが重要なことを成し遂げたのにそれに誰も気づいていない。

あなたが明らかに素晴らしい仕事をしたのに誰も評価しない場合があります。

もし一回でもそういう状況があれば、これからもあなたがなにかを成し遂げたとしても大して評価されないという状況が続く可能性が高いでしょう。

正当に評価されなければやる気を失って、積極的に行動する気力が失せてしまいます。

積極的に動くことができる企業に転職すべきです。

同僚や上司との間に確執がある

どうしても改善できないと判断した場合は、疲れる前に辞めてしまいましょう。

その上司とおなじようなことは次の会社ではきっと起こりません。もちろん、転職の際にはそのことは伏せておきましょう。すべてを転職先の会社に伝える必要なんてありません。

「また次の会社でもうまくいかないかも。。」という心配があるのは当然です。

ただ、だからと言って辞めない理由にはなりません。今つらいのですから。

会社に行くのが嫌で、仕事に関して考えることがストレスになる。

なにかミスをして一週間くらい会社に行く気が起きなくなった。というのは良くありますが、何年も会社に行きたくない状況であれば、やめてしまいましょう。

その気持ちが改善されることはありません。

何が理由で嫌なのかある程度わかってきたら、思い切って転職することをおすすめします。

ただ、辞めたい理由は一つではなく、たくさんあるはずです。たくさんの理由があって、会社が総合的に嫌な場合の方が多いので、「辞める理由探し」にやっきになることはありません。

辞めたいという感覚が長く消えないのであれば辞めた方が懸命でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら