転職するかしないかの判断ポイント10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職しようか。。けど本当に転職すべきなのか。。
もしあなたがこれから挙げる「転職すべき10の理由」に当てはまるのであれば、それは転職する良いタイミングです。

転職理由10

アイデアを実行する環境がなく、挑戦することが億劫になっている

自分がいいアイデアを思いついても全く取り合ってもらえず、試す機会がない。

そんなことが長く続いて、そのうち挑戦すること自体が億劫になってしまいます

会社にいてもこれ以上能力が身につかない

当然転職すべきです。

何も学べていない

あなたが今の会社で何も学べなくなっている、もしくは学びたいことが無い、学べる環境に無い、というのなら転職すべきです。

常に働いている。たくさんの仕事があり、それをやりきるだけの時間が無い

あまりにあなたに仕事が集中しすぎ、作業を振れない状況に立たされ、大した給料がもらえない状況というのはよくあります。

ただ、いつまでもその状況を受け入れ続けるのは良くありません。区切りをつけて、タイミングが悪くてもやめましょう。

ロールモデル(目標となる人物)がいない。またはメンター(精神的支え)がいない。

ロールモデルとなる人物はそう簡単にはいませんが、自分が将来嫌いな上司のようになってしまう恐れがあるのなら退職しましょう。

その会社の環境で同じように仕事をしていたら、嫌な上司と同じような人間になる可能性は高いです。

退屈している

退屈していませんか?

仕事は人生のうちの半分以上を占めています。プライベートの方が大事だからとか、仕事の方が大事だからとかそういう問題ではありません。

事実として、仕事が人生の半分を占めているのですから、退屈しない仕事を選びましょう。

過小評価され、十分な給料をもらえていない

これはよくあることです。

経営者、もしくは上司がやめないとたかをくくって、不当な給料で働かされるような状況であればやめてしまいましょう。あなたは転職市場では負け組ではありません。

あなたが重要なことを成し遂げたのにそれに誰も気づいていない。

あなたが明らかに素晴らしい仕事をしたのに誰も評価しない場合があります。

もし一回でもそういう状況があれば、これからもあなたがなにかを成し遂げたとしても大して評価されないという状況が続く可能性が高いでしょう。

正当に評価されなければやる気を失って、積極的に行動する気力が失せてしまいます。

積極的に動くことができる企業に転職すべきです。

同僚や上司との間に確執がある

どうしても改善できないと判断した場合は、疲れる前に辞めてしまいましょう。

その上司とおなじようなことは次の会社ではきっと起こりません。転職の際にはそのことは伏せておきましょう。

会社に行くのが嫌で、仕事に関して考えることがストレスになる。

なにかミスをして一週間くらい会社に行く気が起きなくなった。というのは良くありますが、何年も会社に行きたくない状況であれば、やめてしまいましょう。

その気持ちは改善されることはありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら