転職エージェントの選び方(担当者の探し方)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、よくある転職エージェントの選び方ではなく、どう担当者を選ぶかについて考えていきます。

転職エージェントが信用できない方や、転職エージェント(担当者)をどうやって選べば良いかなど、付き合い方をひとつづつ考え、解決策を提案します。

転職エージェントを使わない方法もある

そもそも、転職エージェントを使わずに転職する方法もあるのですが、基本的には使った方がよいです。他の記事でも何度も紹介しているのでここは読み飛ばしてしまってかまいません。

転職エージェントには、

  • 転職エージェント経由でしか応募できない求人がある。
  • 自分の能力を客観的に判断してもらえる。
  • 会社の面接の過去の情報などを教えてもらえる。

などメリットがたくさんあります。ただ、転職サイトやリファラル採用、直接応募もあるので必ずしも転職エージェントを使う必要はありません。

以降の話は転職エージェントを使うという前提で話を進めます。

親身になってくれる転職エージェントを探す

エージェントの型

転職エージェントは、大きく分けて「成果主義型」と「人情型」に別れます。

「成果主義型」のエージェントは本人がそういう考え方ということもあるのですが、大抵は転職エージェントの所属する会社が「成果主義」であるためにそうなっています。

転職者を転職させればさせるほど転職エージェントの給料が上がるのですから、応募者を「すぐに転職させたい」はずです。この傾向はとくに最近になってできた中小の転職エージェント会社にありがちです。

大手の転職エージェントの質

逆に大手企業は、一般的に言ってそれほど成果主義ではありません。エージェントはみんなそこそこ給料をもらっています。

そのため、無理やり転職させる必要がなくなり、転職者に親身になって聞いてくれる可能性が高くなります。

もちろん、人間的にあまり尊敬できない人も混じっているので、いくら大手の転職エージェントを使ったとしても当たり外れはあります。

確率的な面から言って、大手の転職エージェントをおすすめします。

転職エージェントは後から絞る

前置きすると、当然一社でたまたま良い人に会えればそれでいいのですが、そうはいかないことの方が多いです。

例えば、まず転職エージェントに登録して、一ヶ月間いろいろなやりとりをして「なんかこのエージェント微妙かな」となったとします。

その次にあなたの取る行動は以下のどちらかです。

  1. どこのエージェントも同じかもしれないから、とりあえずそのまま進める
  2. 転職エージェントを変えてみる

転職エージェントを変える人は良いのですが、一番怖いのは良くないエージェントをそのまま使い続けてしまうことです。

できれば二人のエージェントを同時期に使いはじめ、信頼できる担当者を使うことをおすすめします。

大手だと、この辺がおすすめです↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら