転職エージェントの成功報酬 を調べて比較してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

比較したけどよくわからない&比較よりも直接応募の方が差が大きい

すみません、結論として転職エージェントの成功報酬の違いはわかりませんでした。。。

また、そもそも転職エージェントの成功報酬を比較して、安いエージェントを使えば入りやすいかというとそうでもないかなというのが私の感覚です。
エージェントが違うと求人が結構違って、非公開の求人はエージェント間で同じものをあまり持っていないからです(あくまで感覚)

また、会社側にとっても複数のエージェントを使って依頼するのは運用が大変なのでなるべく少ないエージェントを使うという動機があるはずです。

転職エージェントと直接応募の比較で考えると、転職エージェントが20% から30%を報酬としているため、中小企業なら直接応募が有利、大企業なら転職エージェントでも問題無いという図式は変わらなそうです。

まあ普通に考えて、辞めるかわからない年収500万の人を100万から150万プラスで報酬をしはらうのは結構痛いですよね。。。

転職エージェントが隠し持っている案件

INDEEDに掲載されている求人などは企業名を隠して投稿されている場合が多いのでそうなるとなかなか企業に直接履歴書を送るのは厳しいですね。転職エージェントを使ってみると分かるのですが、非公開の求人って結構多いです。

自分の場合はINDEEDから探した求人がリクルートエージェントの紹介している案件で(大手コンサルSE)登録しないと会社を調べられない状態で、仕方なく転職エージェントに登録しました。

INDEEDはそうやって儲けているんですね。。

直接応募と転職エージェントの使い方戦略

なので、戦略として以下のような形がBESTかなと。

  1. とりあえず行きたい企業をひたすらWEBで調べてリストアップする
  2. リストアップした企業に履歴書を送る、もしくはWEBフォームでコンタクトをとる
  3. だめだった(いい企業がみつからない、落ちる)場合には転職エージェントに登録する

転職エージェント

総合系転職エージェント(私はリクルートとマイナビジョブ20’sを使用したことがあります)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら