30代フリーターの独身女性が就職するべき理由とその方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

思ったように結婚できず、そろそろ就職しないとまずいのではないかと思っている女性の方に向けた記事です。

 20代をフリーターで過ごすと。。

20代のときは確かになんでもできました。というのも、どこに就職したって、フリーターをしていたって年齢の近い同僚がいて、働きやすいからです。

ただこれが30代になってくると一気に状況は変わります。フリーターの場合、30代になると学生からはおばさん扱いされ、同僚も若い子ばかりになります。

フリーターの仕事はだいたい1,2年もすれば同じレベルに追いつかれてしまうので、威張るのも気がひけるようになります。当然相手も「フリーターのくせに偉そうにするな」と思います。

正社員として働いている同じ年代の女性

20代はなんでもできるからといって、好きなことをフリーターでずっとやってきた人と、我慢して正社員でしっかり技術を身につけていた人とではやはり差が出てきます。

正社員として入ると、新卒の子と同じような扱いをされる可能性もあるでしょう。「なんで正社員として働かなかったんだろう。。」という後悔があるかもしれません。

ただ、ここで就職しておかないともっと怖いのは40代です。40代になると未経験で正社員としてしっかりとした給料がもらえる会社はほぼ皆無です。

30代ならまだなんとか間に合うので、本当に最後の就職チャンスです。

とはいえ、まずは就職する業界選び

後悔してもしょうがないので、まずは就職する業界選びから始めましょう。

20代から技術を学んできた人に負けるのは嫌なので、なるべく技術系の業界は避けたほうがよいでしょう。(もちろん、新卒の子と同じレベルで働いてもいいのですが、実際問題なかなか働きづらいものがあります)

技術系を避けるとなると選択肢として以下の業界を推薦します。

  • 不動産
  • 携帯ショップ
  • 医療事務
  • 塾講師
  • 看護系

業界の特徴

不動産

不動産業界は、賃貸のカウンターであれば技術など関係なしに入ることができるので、入り口のハードルはそれほど高くありません。

しかも、就職してお客さんに賃貸の案内をしていれば自然と能力がつき、「宅建」という資格をとることでキャリアップも望めます。「宅建」をもっていないとできない仕事もあるため重宝されます。不動産業界で働いていてもこの資格を持っていない人も意外といるので、けっこう有利になります。

携帯ショップ

携帯ショップはお客さんとのやり取りが多いので、女性が求められる職場です。

キャリアアップになるような資格は特にないことがネックですが、時給はほかの職業と比べてそこそこ高く、長く働く職場としてはそこそこいいかもしれません

主な業務内容は、以下の通りです。

  • 電話対応
  • 携帯電話の販売
  • プランやサービスの案内・契約
  • チラシ、ティッシュ配り
  • 店内の清掃・ディスプレイの変更

 

会社の選び方

 

転職サイトの使い方

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら