未経験でSEになれる?勉強方法と就職方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

27歳のときに未経験でSEになり、それなりに働けている管理人が「未経験でSEになれるのか」考察します

そもそもSEってどんな能力が必要?

SEには主に以下の能力が求められます。

  • 要件(システムの機能やお客さんの実現したいこと)を話し合って決めていく能力
  • チームで作業する際のコミュニケーション能力
  • 純粋な技術(プログラミングやIT全般の基礎知識)
  • システム開発を進めていく上での開発プロセスの理解

よくある勘違いが、「プログラミングや開発の技術がすべて」というもの。

実はプログラミングだけができればいいわけではなく、「どうシステムを開発していく」か、「どうアーキテクチャ(システムの仕組み)を設計するか」などプログラミングだけではなく広範囲な知識と能力が求められます。

本当にプログラミングしかできないのであれば、「プログラマ」にはなれますが、一般的にどこの会社に行っても「SE」のほうが給料は高いです。

また、インターネットで検索するとあたかもSEは技術がなく、自社サービスを開発しているエンジニアは技術があってえらい!みたいな記事がありますが、そういうわけではなくシステムを開発するにはいろいろな知識や技術、コミュニケーション能力が必要なので、一概に技術だけあればいいという訳ではないんです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら