プログラミングスクールに通うべきか悩んでいる人に、現役エンジニア目線の意見を言ってみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者yasu。某大手IT企業SEで35歳3社目。28歳で建設関係からSEへ転職。

結論

いきなり結論から書いちゃいます。

通うべき人:

  • 本などで一度挫折した人
  • 本はやったけど、そこからアプリを作るのに詰まった人
  • どうしても一人でやる気が出ない人

通うべきでない人

  • 比較的時間に余裕がある人
  • 本でもある程度一人でできそうな気がする人
  • システムエンジニアとしてさっさと働きたい人

詳細

私の場合

先に結論から書いてしまいましたが、だいたい上のような感じです。私の場合は本で勉強して、そこからすぐにSES(常駐派遣システムエンジニア)としては働いていたので、プログラミングスクールには通っていません。

また、大学生のときに一度プログラミングの授業があり、さっぱりわかりませんでした。VBAを授業でやっていて、本を探して勉強していたのですが、なかなか理解できず。

とはいえ、アプリを作るのはむずかしい

私の場合は、システム開発の企業に入ってから、初めの一年間業務の傍ら家で勉強し続けてやっとこさWEBアプリをリリースすることができました。

結構アプリをリリースするまでって難しくて、linux触れないといけなかったり、HTTPなど通信の基礎を知らないと話にならないです。

プログラムが書けるからと言って、すぐにアプリが作れるようになるかといわれるとそうではありません。私の場合は誰にも聞けなかったので、ひたすら一人で勉強していました。

なので、1年も一人で勉強する気が無い人や、すぐ作りたい人はプログラミングスクールに通うべきです。

プログラミングスクール比較記事はこちら

本は超優秀です

本って優秀なんですよ。

なぜかって、読む人が多いので、その分本を書くのに時間を使えるからです。これが英語の本ならなおさらです。世界中の人が読む本に大量の資金を使えるのは当たり前ですよね。ハリウッド映画と日本の映画の製作費を見てもそれがわかります。

なので、本は超高コスパなんです。できれば本を使って勉強してください。本でわかるのなら本が良いです。

さらに言うなら、プログラミングスクールを使う人も一度本で事前に勉強した方がいいです。本読んだら分かることをわざわざプログラミングスクールで聞くのはもったいないですから。

おすすめの本はこちらから。

http://xn--n9j8a026nxhelnifxoyxfd91cw7jt88a.com/it/mikeiken_to_be_engineer

システムエンジニアにすぐなりたいなら、通うな

大学を出てから、一度建設関連の会社で働いて、そのあとシステム開発企業(Sier)で働きました。小さな会社だったので、1か月間会社で勉強の時間をもらい、そのあとすぐに常駐先の会社に飛ばされました。

そう、べつにプログラミングの経験がなくても就職できるし、仕事はできるんです。もちろん、仕事をするときは結構悩みながら、勉強しながらでしたが。。

なぜ就職できるのかと言うと、そもそもIT業界は常に人が不足しているからです。産業はどんどん大きくなっているのに、入ってくる人は少ないので(少なくとも今は)普通に未経験でも就職できるんです。

もちろん、何社か受けたらですが。

なのでわざわざプログラミングスクールなんかに通っている時間はもったいないです。普通に転職サイトもしくは転職エージェントを使って転職しちゃってください。

  • リクナビNEXT(リクナビの転職版。★ここは外せない)
  • MIIDAS(数万人の転職実績を見ることができる。★おすすめ)
  • ビズリーチ(ハイキャリア向け。大手企業からスカウトが来ます)
  • マイナビ転職(マイナビの転職版)
  • doda(転職サイトではかなり有名)
  • INDEED(求人情報を収集しているサイト。すべての求人情報が集まる)

総合系転職エージェント

プログラミングスクールは高い

プログラミングスクールの講師って、おそらく優秀なエンジニアはなりません。なぜかって、給料がそれほど高くないからです。

それでも、人一人に1時間教えたら最低でも3000円くらいはもらわないとプログラミングスクールを運営している会社は成り立ちません。そうなると、マンツーマンのプログラミングスクールは当然高額になります。

appendix

IT業界で働かないのであれば、プログラミングはやらなくても良い

これは完全に僕個人の意見ですが、IT業界で働かないのであれば、プログラミングはそれほど必要ないかなと思っています。VBAくらいは知っておいてもいいかもですが。

なぜかというと、プログラミングって、純粋なプログラミングだけではなくて、いろいろなことを知っていないといけません。プログラミングを書く時のソフトウェアや通信の話、アプリの作り方の話などいろんなことが付随してきます。

また、IT業界や技術の流れはとても早く、IT業界にいる人で仕事で毎日触れているひとでもしっかり勉強していないと時代遅れの人間になってしまうほどです。

なので、IT業界にいない人がプログラミングを少し勉強したところで。。というのが私の考えです。

ただし、ソフトウェア産業はこれからも超拡大します。すべての会社がシステム開発の技術を持つようになると思っています。もしくはシステム会社に飲み込まれます。

なので、中途半端に勉強するくらいなら、システムエンジニアになるか、それかきっぱり勉強はやめて英語とかを勉強すれば。と思っちゃいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら