転職エージェントと面談する時の服装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職エージェントの面談にも気を使う必要があります。面談時に「受かりそうにない」と思われたら、あまり良い企業を紹介してもらえなくなります。面談時の服装と身なりについての記事です。

面談時の服装に迷ったら

まず結論ですが、転職エージェントと面談するときの服装は迷ったらスーツをおすすめします。その理由は、

転職エージェントは「転職者の受かりやすさを見抜いて、受かりそうな企業を勧める」ためです。

つまり、あなたの私服を見て、「こいつはちょっと微妙だな」と思われたら、あまり良い企業は勧めてもらえなくなる可能性があります。もちろん服装に自信のある方は私服でも良いのですが、私服の方がスーツよりも気を使う点が多く、たとえば革靴であれば土の色も目立ちませんが、普通の靴は土の汚れが目立ったり、使用感が出やすいですよね。そういった点も踏まえると、総合的にスーツが間違いありません。

ただ、逆に言えば、スーツが用意できない場合は、オフィスカジュアルのようなスーツでない服装でも問題ありません。その代わり、注意を払い小綺麗にまとめましょう。

また、一般的には「転職エージェントとの面談は私服で良い」という意見が多く、一見正しそうに思えます。しかし、実際に転職エージェントがそう思っていたとしても、スーツをおすすめするのは、上に書いたとおり注意を払わなくてはいけないためです。

ちなみにもし私服で行くのであれば、以下のようなオフィスカジュアルをおすすめいたします。

「スーツor私服」よりも大事な事

あなたがこのページを見ているのは、転職エージェントの面談時の服装を知りたいからかもしれませんが、服装よりも身なりの方が圧倒的に大事です。(話し方や雰囲気も大事ですが、すぐには直せないのでここでは置いておきます)

この手の話になると、「スーツか私服」の話になってしまうのですが、「スーツか私服」かはさほど重要ではなく、身なりの方が重要です。具体的には、服装がその人に合っていて(サイズが)、シワだらけでないか、靴が綺麗か、靴下の色や履き方が汚くないか、息が臭くないかなど、などです。

以下チェックポイントが大丈夫か面談前に確認しておきましょう。

  • スーツ全体にシワ、汚れがないか ➡︎ 面談前にクリーニング
  • スーツ(上)のサイズがおかしくないか(上シャツが少し袖から見えるくらい)
  • スーツ(下)のサイズがおかしくないか(靴を履いたときにシワが寄りすぎないか)
  • 靴下が短く、座ったときに地肌が見えないか。(長い方が良い)
  • 靴が汚れていないか。➡︎簡単にでも良いので拭いておきましょう

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら