Uターン・Iターン転職する方法と、メリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Uターン・Iターンで地方で転職したい!という方は最近増えています。特にIT企業などはその仕事の特性を生かして、地方にセンターを作るなどして雇用を活性化させようという取り組みをしています。

この記事では、U・Iターンのメリット、デメリット、どうやったら成功することができるか書いています。

首都圏でも面接をしてくれる?

まずU・Iターンをしようとしている人で不安なのは面接をするために地方に行かなくてはいけないか?ということだと思います。

もちろん大手企業で支社を地方に持っている場合は、当然面接を首都圏で受けることができますが、そもそも地方にしか会社が無い企業の場合は、首都圏にオフィスがありません。

ただ、最近は多くの企業で遠隔地からの面接(skypeなど)を受け付けている印象です。特にIT企業であればそこらへんは柔軟に対応しているので、首都圏での転職活動ができます。

ただ、業界や会社が古い体質の場合はなかなかそうはいかないのも現実です。転職エージェントを間に挟むと、面接の方法などをうまく調整してくれるので、エージェント経由で面接の方法を調整してもらうといいかもしれません。

UターンIターンにもメリットあり

大手であれば、また東京に戻れる

一見、UターンやIターンは住む場所以外にメリットは無いように思われますが、仕事の内容や待遇についてのメリットも実はあります。

例えば、地方の企業では、しっかりとキャリアを積んだ人材の採用が難しいため、募集時の年齢やキャリアの要件を甘くする傾向にあります。

特に近年は地方にも大手優良企業が進出しているので、キャリアを築きたい人があえて地方に一度行くという戦略も考えられます。

つまり、大手優良企業に一度入ってしまえば、比較的容易に部署の変更や東京の本社へ行くことができるので、あえて一度地方で採用されるという方法です。

逆に言えば、そもそも地方で働きたいがために、地方にU・Iターンして転職しても、大手企業に入っておけばまた東京に戻るチャンスはあります。

Uターン・Iターンの支援制度

地方には移住の促進のためのUターン・Iターン者への支援制度を設けている地方自治体があります。

うまく活用すると、住宅支援や子育て支援でお金をもらえたりするので、一度問い合わせてみることをおすすめします。

例えば、以下のようなものがあります。

札幌:札幌UIターン就職センター

福岡:福岡クリエイティブキャンプ (福岡市から業務委託をうけている)

googleで検索するときは「○○市 Uターン」などのキーワードで探すと、だいたい1ページ目に出てくるので、確認してみましょう。

UターンIターンのデメリットを受け入れることができるか?

メリットもありますが、当然デメリットもあります。

デメリットのうち最も気になるのはやはり年収です。「基本的に年収は地方にいくだけで20%ほど落ちる」と思ってください。例えば東京でのITエンジニアの単価は少し経験があれば55万円から60万/月ほどですが、札幌では50万円行きません。

単純に地方に移動するだけで年収が落ちます。

土地代は安くなりますが、それでも相殺できないくらい下がるのが普通です。この待遇になっとくできるかが、Uターン・Iターンできる人とできない人の違いです。

また、給料というのはその人のプライドにもかかわるので、プライドが高い方は正直厳しいでしょう。

 U・Iターンの転職理由・志望動機は難しくないので心配しない

U・Iターンの転職理由はそれほど難しくないので、転職活動を始める前から不安になることはありません。

「地元で暮らしたい」や「地方の自然があるところで暮らしたい」で十分説得力があります。なにも変な理由をつけることはありません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら