辞める前にブラック企業に仕返し&全ての権利を使う方法10個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

追い詰められた会社に仕返ししたい。。

という方におすすめな仕返し方法(権利を全て使ってから辞める方法)を提案します(※当サイトでは一切責任を持ちませんのでご注意を)

ブラック企業への仕返し方法

ここでの仕返しは、確かに企業に仕返しすることはできますが、それがばれてしまうと次の会社から雇ってもらえなくなる可能性があります。

中小の企業では、「エントリーしてきた人の勤務態度などを前の会社に直接電話して聞く」ということが当たり前に行われています。

口コミサイトに会社の内情を書く。

もちろん嘘はいけませんが、本当のことであれば書きましょう。

著しく評判を下げる嘘などを書いてしまうと、訴えられる可能性があるので、あまりやりすぎないようにするのがコツです。

ただ、口コミサイトには登録する必要があるので、少し手間がかかります。

あまり適当なことを書くと、コメント自体の信用が落ちてしまう(「このコメントは会社嫌いな人が悪意をもって書いただけだろうな」と思われる)ので、一番いいのは感情的にならずにマイナス面をしっかりと書いておくことです。

以下口コミのできるサイトの一覧です。

サービス残業の時間分すべて請求

むしろ、残業分は払ってもらって当然なので、普通に請求してしまいましょう。

断られた場合は裁判沙汰になってしまいますが、会社は当然そんな裁判はやりたくないので「弁護士に相談してもいいですか?」と掛け合えば一発で払ってもらうことができるでしょう。

なかなか言葉に出して言う勇気がない場合は諦めるか、もしくはそれが高額になりそうなら(50万とか)、弁護士に相談すれば喜んで手助けしてくれるでしょう。

ただ、やはりこれもやりすぎは禁物で、次の就職先に影響のない程度に内密(ニュースで取り上げられないレベル)に進めると良いでしょう。

また、残業がかなり多い場合(たしか月45hを3ヶ月連続?)ハローワークに行けば失業保険をもらうときに満額もらえる可能性が上がるので、メモもしくは給与明細をとっておきましょう。

ソフトの違法コピーなどを外部の機関に報告

外部の機関に報告しましょう。

よくあるのは、エクセルなどのアカウントの使い回しです。中小企業だと普通にやっているので、多少の痛手にはなります。

また、エクセル以外にも、ソフトウェアのアカウント使い回しや、違法コピーされたソフトウェアなども対象になります。

ACCSコンピュータソフトウェア著作権協会という機関があります。

有給をすべて消化する(おすすめ)

これは仕返しというより、権利なのでしっかり全部使いましょうという話です。

古いブラック日本企業は、「有給消化は悪」と思っているので(嘘ではなく本当に思っているのが謎ですね)、すべて消化してからやめてやりましょう。

辞めるときに気を使うことなんてありません。

うまくやって怒りは買わないようにしましょう。

あまりにひどいパワハラの場合は録音する

最近流行りの録音です。

録音しておけば、裁判になったときに有利になります。違法残業やパワハラで訴える場合は録音しておくのも一つの手です。

また、これも自己都合退職ではなくなるので、失業保険をもらう際に役に立ちます。(自己都合の場合、転職活動をはじめてもしばらくはもらえない。)

よくある、引き継ぎなしパターン(あぶない)

一番やりやすく、即効性のある方法かもしれませんが、おすすめしません。

会社にとって決定的に重要な情報の場合、訴えられる可能性や、恨みを買う可能性があります。

「おまえが管理していないのが悪いんだろ」と言えるレベルのものは引き継ぎせず、少しダメージを与えてみるのも作戦です。

会社の資格補助を利用して、資格を取りまくる(おすすめ)

これは当然問題ありません。

資格を取りまくって、補助をもらいましょう。大きい会社なら結構資格補助があるので、転職する際にも有効に使えますし、一石二鳥です。

1万円資格の資格を5回受けるとして、5万円は得します。

ブラック企業でない会社に入って、元の上司にfacebookで友達申請する(笑)

これはくだらない方法ですが、すっきりはします。

自分が嫌いだった上司に、「お前よりいい会社に入ったよ。」と間接的に言うことができます。

もし転職が成功したら、やってみるのもありでしょう。

支店、営業所勤務の場合は本部に知らせる

嫌な上司、パワハラ・セクハラ上司がいて辞めてしまったのであれば、本部にメールの一通でも送っておきましょう。

「〇〇さんにパワハラ[セクハラ]をされたので辞めることにしました。ありがとうございました。」

みたいな感じです。

もちろん本部の人間は大事にしたくないので、外には出しませんが、問題だとは認識してくれますし、評価が落ちて場合によっては役職が下がる可能性もあります。

立つ鳥後を濁していますが、効果は期待できます。

転職エージェントを使っているなら、会社のことを悪く言っておく

転職エージェントは大きい会社なら必ずどの会社も使っています。

転職エージェントからの評判が落ちると、その会社は転職者に紹介されにくくなるので、結構効果があります。

転職エージェント一人でも年間に数百人は転職させるので、あなたが悪く言っておけばその会社へ転職する人も減り、みんなハッピーですね。

転職エージェント

転職エージェントとは、企業と転職者を結びつけるサービスです。

  1. 転職エージェントは過去の転職情報から、年収や面接で聞かれる内容などをデータとして持っています
  2. 基本的に転職者は一人の転職エージェントと相談しながら転職を進めます。
  3. 転職エージェントは転職者を企業に紹介し、企業から報酬を受け取ります
  4. 企業と転職者のミスマッチを防ぐ目的があります

総合系転職エージェント(上から順番に大手でおすすめ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら