離職期間は何ヶ月まで大丈夫?1年を超えてしまった場合は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事を辞めて次の会社が決まっていない場合や、休暇を少し取りたいという方は、どれくらい離職期間があっても大丈夫なのか気になりませんか?

一般的にどれくらいの離職期間(働いていない期間)をとるのか、データを見て、どう行動すべきか考えてみましょう。

また、すでに1年ほどのブランクがある方を対象に、どう説明すればいいか提案します。

離職期間の目安

下記は厚生労働省が公開している、離職期間のデータです。

転職活動期間についてはこちらの記事を参考にしてください(一般的な転職活動の期間と戦略

%e9%9b%a2%e8%81%b7%e6%9c%9f%e9%96%93

 厚生労働省 平成27年転職者実態調査より

「2カ月以内」で全体の60%以上を占める

さきほどの「転職活動期間の目安」と一緒に考えると、会社を辞める前にしっかり転職活動をして、決まったら辞めてすぐに転職する、というパターンが多そうです。当然ですね。

ただ、仕事が忙しすぎて転職活動する暇がない人も多いので、自分に合った方法で転職すれば何ら問題はありません。

採用側は離職期間何ヶ月までOKとするか

企業の採用担当者が最も気にしているのは、あなたの働く意欲です。
もし1年間も働いていないのであればよほどの理由がなければ採用したくないですよね。

では具体的に離職期間が何ヶ月から「怪しい」と思われるのでしょうか。

離職期間2ヶ月以内の場合

すでに説明済みですが、上のデータから「2ヶ月以内の離職期間の人が60%を占める」訳ですから、採用担当は2ヶ月以内ならほとんど問題視しないはずです。感覚的に考えても、それほどおかしな数字ではないでしょう。

離職期間2-4ヶ月の場合

おそらくこれくらいから、面接官は理由を知りたくなるはずです。

嫌になって勢いで辞めちゃったんじゃないの?という可能性を疑われ始めます。(計画的に転職していれば在職中に転職活動をして、離職期間がそれほど長くならないためです。)

離職期間4ヶ月以上の場合

なんとなく、「離職期間4ヶ月なら大丈夫」と感じてしまうかもしれませんが、4ヶ月以上の場合は上のデータから少数派になってしまうので、しっかりと理由を説明できるようにしておかなくてはなりません

また、このことからもなるべく離職期間は4ヶ月以下に抑えるようにしておくべきです。

離職期間1年以上の場合

離職期間が1年以上ある場合、精神的なストレスで会社に通えなくなったなどの理由がほとんどです。怠けてただ働きたくなかったという方はあまりいません。

一年以上ブランクがある場合、それは面接官も見抜いていますし、下手に嘘をついても見破られる可能性が高いです。

もし履歴書に嘘を書いても、厚生年金手帳を新しい会社に提出しなくてはいけません。社会保険のある会社で正社員となっていたのであれば、その履歴が残ってしまうので、入社後にバレてしまいます。

今の時代、2人に1人は生涯のうちに一度はうつ病になると言われています。うつ病で会社に行けなくなったり、パワハラがあるというのは、どんな会社の採用担当者も理解しています。それを理由に採用したくないという会社であれば、あなたにとっても良い会社ではありません。潔く、落としてもらいましょう。

面接でのうまいブランクの説明方法を考える

結局、今1年以上のブランクがある人や、長いブランクがある人はもうどうしようもないのですから、うまい言い訳を考えましょう。もちろん本当のことをすべて話す必要はありません。

離職期間によって説明方法も変わるので、状況別に考えていきましょう。

退職してから転職活動をはじめた(半年以上の場合はNG)

仕事が大変だったので転職活動をすることができず、「退社をしてから転職活動を始めた」結果、キャリアなどを自分で一度しっかり考え、半年程度かかってしまった、と説明すればそれほど不自然ではありません。

会社を選んで面接して、勉強もして、と考えれば半年間以内であれば普通にかかる期間です。ただし、半年以上かかった場合はすこし説得力が落ちるのでこの理由は使えません。

多忙で体調を崩してしまった

仕事が忙しすぎて体調を崩した(半年以上に最適)

仕事が忙しくて体調を崩すことはよくあると思います。具体的にどの病気かを考える必要は残りますが、不安であれば病名までしっかりと考えておくことをおすすめします。

ただし、「体調を崩した」系は少しマイナスな意味を含むので、できれば言いたくありません。なので、離職期間が半年以内の人は逆にこの理由は使わないほうが良いでしょう。

半年以上の人は、逆に説明がつかなくなるので、この理由をおすすめします。

資格を取っていた(NG)

これはちょっと怪しまれる可能性がありますが、何かしらの資格を実際にとったのであれば、使えますが、証明する必要があるのであまり使えません。

実際に資格を取るために休んでいた人はほとんどいないのではないでしょうか。面接官もあまり納得してくれないでしょう。

まとめ

ここではブランクの期間とどうやって面接官に説明するべきか考えました。

結局、長期のブランクがあったからといって、転職しないわけにはいかないので、上記の理由を説明してなるべく良い会社に入り、そこから転職してキャリアをあげていく方法をおすすめします。

ブランクが長いと不安になりますが、頑張ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら