フリーターで未経験でもITエンジニアになれるよ活躍もできます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者yasu。某大手IT企業SEで35歳3社目。28歳で建設関係からSEへ転職。

想定読者

  • IT業界に入ったとして活躍できるか不安な人
  • どういう会社に入ればよいかわからない
  • そもそも転職できるか不安。面接で心が折れるかもと思っている人

フリーターが未経験でエンジニアになるのはそこまで難しくないです。というのも、ITエンジニアは慢性的に不足していたり、情報系の学部を出ていない人がエンジニアになることは日本ではよくあることなので。

私が今まで6年ほどIT業界で仕事をしてきてどんな能力が必要とされ、どんな人が採用されやすいかなど分かるので、記事にしてみました。また、どういう企業に行って働くべきなのか、私なりの意見を書いてみます。

どういう人ならIT業界に転職しやすい?

30歳以下なら基本誰でもなれる

30歳以下ならだれでもなれます。具体的ななり方や、実際に転職して活躍できるかなどはこの後説明します。

あ、僕自身の考えとして30以上だとちょっと厳しい気がするのであまりおすすめしていません。30歳以上からでも活躍できる!とはなかなか言いづらいです。

バイトでも何でもよいので、継続して働いたことがあれば〇

まず、バイトでも何でもよいので仕事を継続しているとそれだけでプラスの評価です。そもそもバイトって普通の正社員とやってる仕事なんて変わりません。

普通にコンビニで働けたならそのまま店長もできるでしょうし。。なので、仕事をころころ変えていなければ「社会人として合格」なわけです。

日本は会社員を簡単にやめさせることができないので、人間性に問題のあるひとを雇ってしまうと企業はかなりの損失になってしまいます。これがアメリカだと雇用が流動的なので雇うこと自体にそれほどハードルがないのですが。。(まあアメリカも学歴社会ですが)

なので企業側は、「社会人として普通に仕事をこなしていけるかという最低限のラインを経歴から判断」するのがふつうです。

そうかんがえると、大学辞めて1年そのままずっとバイトしてるとかでも大丈夫です。ころころバイトを変えたりしていなければ。(まあ普通そこまできかれないので隠せますけどね)

社会人として普通のラインがあれば普通にIT企業に転職できます。

過去にプログラミングの経験がある

過去にプログラミングの経験があればやはり強いです。自分でWEBアプリケーションを開発したことがれば普通に受かるでしょう。

WEBアプリを作ったことはなくてもバイトでプログラミングをしていたとかであれば結構な武器になります。

年齢がそれほど若くなくても転職は可能と思います。

ただ、プログラミングの経験がなくても全然問題ありません。プログラミングの知識は当然必要になるのですが、SIer(システム開発を請け負う会社)ではそこまで重要視されません(本当は重要ですよ)

なったはいいけど活躍できる?昇進は普通にできるか

できます。

ただ、自社でWEBサービスやっている技術特化系の企業にはなかなか転職できないでしょう。Sierであれば(日本はSIerが多いです)特に問題なく活躍できます。実際、文系の人も多いですし、そこまで技術特化でなくてもマネージングが必要だったりするので。

※会社の選び方は下の方で書いています。

どういう企業に行けばよいか

itエンジニアにはいろいろあります。活躍するためにはどの企業に入ればよいか考えてみます。

ざっとあげると以下のようなカテゴリに分かれます。

  • SIer
  • WEBサービス企業(BtoC自社サービス企業)
  • 非IT企業のIT部門
  • SES

SIer(エスアイアーと読む)おすすめ

システム開発には自社で作る場合と別の会社に外注する2つのパターンがありますが、SIerは後者の「外注される企業」です。

日本では特にこれまでハードウェア重視だったので、システム開発(ソフトウェア)が軽んじられてきました。そのため、ソフトウェアは外注するのが大きな流れで、SIerが発達してきました。

SIerはWEBで検索すると結構悪評が立っていたりするのですが、日本人の6割くらいはこのSIerに勤めています。

SIerはお客さんに説明するために資料を作成したり、証拠をとったり、期日までに確実に終わらせるためにプロジェクトのマネージングをしたりと純粋な技術だけではない能力も必要とされます。

よく、自社サービス企業が最高!というネットでの評判がありますが、一概にそうでもありません。技術があればいいソフトウェアが作れるといえば確かにそうなのですが、技術以外にも必要なことが山ほどあるんです。

SIerは未経験で結構年齢がいっているのであればおすすめです。仕事の仕方がそのまま役に立ったりしますし、企業側も拾ってくれます。

SIerもピンキリなので、下手なSIerに行くのは避けた方がよいとおもいます(プログラム一切やりません的なSIは本当にやめた方がいい

WEBサービス企業(BtoC自社サービス企業)難しい

楽天やgoogle、line、メルカリのような企業です。

自社でWEBサービスを持っているため、純粋な技術が重要視されます。お客さんに説明する必要がなかったり、プロジェクトもはっきりと期限が決まっているというよりは、サービスを改善したり運用を改善したりがメインになるので、またSIerとは違った能力が必要になります。

給料は比較的高く、もしプログラミングの経験や実績が十分にあるのであれば転職可能です。経歴がないのであればかなり若くないと取ってくれないでしょう。

また、技術だけで判断がちなので、入れたとしても苦しむことになるかもしれません。自信があったり数学や統計、プログラムが得意という方にはお勧めです。

非IT企業のIT部門(無難に暮らせる)

非IT企業のIT部門は情シスと呼ばれる業務などが主な場合が多く、WEBアプリケーションを作ったりというのはまれです。あったとしても外注して丸投げしているので、要件や設計などを考えるくらいでしょう。

この記事を読んでいる方はIT業界に入りたいと思っているくらいなので、プログラミングをしたり、サービスをつくったりしたいひとが大半だとおもうので、あまりおすすめできません。

ただ、安定しているので終身雇用などを目指したい場合はこういった企業に入ってもよいでしょう。まあ40歳くらいになってからでもよい気がしますが。はじめはプログラミングできる企業にはいるのがおすすめです。

SES

SESはエンジニアの派遣会社です。だいたいは違法な方法で働いていたりします(客先に行って、客の指揮命令下で仕事をするのに、派遣ではないという謎)

こういう企業はネットでもボロクソ言われていますし、確かに産業の構造的にあるべきではありません。人を集めてただただ紹介するだけです。

ただ、未経験の人でも入社しやすく(おじいちゃんでも入れる)だいたいはプログラミングをすることになるので初心者にとってみればラッキーです。

はじめの数年はSES企業で働いて、転職するというのが未経験者にとってはGOODです(私もそうでした)

まとめ

30歳以下ならフリーターで未経験でも大丈夫です。僕の場合は建設系の全く関係ない会社で働いていて、そのあとSES企業、今はIT企業のSIerとして働いています。年収は500-600万くらいですが、今後も収入増が見込めます。

20代後半から新卒の学生と一緒の土俵でスタートは結構つらいものがありましたが、それでもなんとか頑張ってやってきました。

勉強は必須ですが、頑張って認めてもらえば必ず活躍できます!

おすすめ転職エージェント・サイト

転職エージェントとは、企業と転職者を結びつけるサービスです。

  1. 転職エージェントは過去の転職情報から、年収や面接で聞かれる内容などをデータとして持っています
  2. 基本的に転職者は一人の転職エージェントと相談しながら転職を進めます。
  3. 転職エージェントは転職者を企業に紹介し、企業から報酬を受け取ります
  4. 企業と転職者のミスマッチを防ぐ目的があります

総合系転職エージェント

転職サイト

  • リクナビNEXT(リクナビの転職版。★ここは外せない)
  • MIIDAS(数万人の転職実績を見ることができる。★おすすめ)
  • ビズリーチ(ハイキャリア向け。大手企業からスカウトが来ます)
  • マイナビ転職(マイナビの転職版)
  • doda(転職サイトではかなり有名)
  • INDEED(求人情報を収集しているサイト。すべての求人情報が集まる)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら