不動産業界でおすすめの転職活動方法(転職サイト・エージェント)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

不動産業界に行きたい方向けに転職活動方法・転職サイト・転職エージェントをまとめてみました。

転職サイト・エージェントの違い

(すでにご存じの方は読み飛ばしてください)

転職サイトと転職エージェントには大きな違いがあります。転職エージェントは担当者が一人ついて、転職のサポートをしてくれます。(求人を選んでくれたり、面接で聞かれる内容を過去のデータから教えてくれたり)

転職サイトは就活の時に使っていたマイナビ・リクナビと大差ないので、あえて説明しません。

転職エージェントとは、企業と転職者を結びつけるサービスです。

  1. 転職エージェントは過去の転職情報から、年収や面接で聞かれる内容などをデータとして持っています
  2. 基本的に転職者は一人の転職エージェントと相談しながら転職を進めます。
  3. 転職エージェントは転職者を企業に紹介し、企業から報酬を受け取ります
  4. 企業と転職者のミスマッチを防ぐ目的があります

不動産業界で転職サイト・エージェントをどう使うべき?

基本的には転職サイトに登録してスカウト待ちし、エージェントにも探してもらうが一番おすすめのやり方です。

不動産業界だからと言って特別な転職サイトを使う必要はありませんし、専門の転職エージェントを使う必要は基本的にありません。

不動産業界専門の転職エージェントもあるにはあるのですが、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの大手のエージェントと差はありません。不動産業界に少し強い担当者が付く可能性があるくらいで、それ以外のメリットはあまり無いです。

(というのも、実際に私は(当HP管理人)IT系でIT系専門の転職エージェントを使っても大手とほとんど差異がありませんでした。。)

むしろ求人は大手のエージェントの方が圧倒的に多いので大手をおすすめします。

ちなみに、高学歴や大手企業にすでに属している方はLINKEDINの登録をおすすめします!企業の採用担当者から直で連絡が来るのでお勧めです!(実際に私も現在進行形で使っています)

おすすめのサイトと転職エージェント

転職サイトは以下をお勧めしています(スカウト待ち)

  • リクナビNEXT(リクナビの転職版。★ここは外せない)
  • MIIDAS(数万人の転職実績を見ることができる。★おすすめ)
  • ビズリーチ(ハイキャリア向け。大手企業からスカウトが来ます)
  • マイナビ転職(マイナビの転職版)
  • doda(転職サイトではかなり有名)
  • INDEED(求人情報を収集しているサイト。すべての求人情報が集まる)

総合系転職エージェント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら