IT業界で働いている3人に、IT業界はおすすめか聞いてみた①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

これからIT業界に行きたいと悩んでいる方、このままIT業界で働き続けていいのか悩んでいる方に読んでいただきたい記事です。

IT業界で長く勤めた方の体験談(収入、勤務形態、人間関係)をまとめているので、参考にしてみてください。

hhayashiさんの体験記(プログラマ、SE)

  • 性別:男性
  • 年齢:25歳
  • 勤務地:愛知県
  • 年収:350万円~400万円

IT業界に入った経緯と入社後

私がいた業界はIT業界で、職種はプログラマーです。

IT業界に入ろうと思ったきっかけは、学生時代に情報科にいて、プログラミングコンテストで入賞したことがでした。特別苦労して覚えたわけではなく、楽しみながら作っているだけでよかったので、自分に向いている職業というのはこういう職業なのかなと思い、この業界を選びました。

プログラマの勤務形態と会社の内情

この業界は残業が多いとよく言われますが、当時私がいた会社でもその通りで、時期にもよりますが、残業が多い月と、そうでない月のように、忙しい時とそうでない時でかなり差がありました。法律の話があるので何時間かは言いませんが、休みもとれないような感じの時もありました。

業界自体は男性が多いと思いますが、私がいた会社はデザイン関係の部署もあって、男女比は7対3ぐらいで、けっこう女性も多いなという印象でした。女性でプログラマというのは、それよりも少なかったですが、それでも思っていたよりは多かったです。

この業界では色々な給与形態の会社があります。月給制のところもあれば、年俸制のところもあります。私のいた所は当時、月給制ではありましたが、裁量労働時間制という特殊な給与形態で、いくら残業が長くても残業がない月と同じ給与でした。昇給もほぼ固定だったので、お金の面でのやりがいというのはあまりなかったです。

また一人変わった女性がいまして、ITの勉強をしすぎて考え方がデジタルになってしまっているのか、平気な顔で何人もの男性と不倫をしている人もいて、仕事で普通に接するのが大変でした。

私の場合、在籍していた学校が情報系だったので、半分経験者みたいなものでしたが、もし未経験でこの業界に入りたいという方がいたら、残業が苦にならないのなら良いかもしれません。

IT業界で活躍していた人と、プログラマに必要な能力

活躍している方の中にも、意外と文系出身で頑張っている方等が結構いらっしゃいます。ほとんど知識がない状態から、一からプログラムを教えてもらった方が、その会社の流儀が身について良いという考えもあります。未経験だからという理由であきらめる必要は全くないと思います。

その活躍している方には、女性の方も多いと思います。プログラマーを卒業したらSEになるのが主流ですが、SEにはコミュニケーション能力が必要で、女性は生まれつきそういう能力を持っているので、活躍される方も多いのかもしれません。

IT業界に入るのはおすすめ?

私の家族にはIT業界に入りたいと思っている人は今のところいませんが、もし子供がこの業界で働きたいと言ったら、本当に大変なのでやめておけと全力で止めようとするかもしれません。

とにかく徹夜作業に慣れるまでが大変でした。繁忙期はみんな忙しくストレスが溜まっているので、影響を受けやすい人には大変だろうなと思います。病気で退職していった人も何人か見ています。ただ、どの業界でも何かしらの苦労や大変な事はあると思うので、たぶんどこにいても同じ事を思うのだとは思います。

もし未経験でIT業界に入りたいという方がいらっしゃったら、私からのアドバイスとしては、とにかく人を大切にして、人との会話を楽しんでくださいという事です。それも、どこの業界でも同じかもしれませんが、特にパソコンが相手のこの世界で人を大切にすることは重要です。技術などはどうでもいいとは言いません。

勉強も大切ではありますが、人を大切にすることをまず心掛けてほしいと思います。

hazhiさんの体験記(テストエンジニアから開発者へ)

  • 性別:女性
  • 年齢:29歳
  • 勤務地:東京都
  • 年収:300万円~350万円

テストエンジニアの将来性に限界を感じ、転職

もともと新卒でテスト業務専門の会社に入り、5年ほどテストの仕事を続けていたのですが、日本でのテストエンジニアの地位が上がらない(テストは誰にでもできる仕事だと思われて単価が安い)ため、開発者になりたくて転職をしました。27歳の時です。

転職サイトはリクナビNEXTと、DODAを使い、転職エージェントはパソナキャリアを使いました。一度リクルートエージェントを使っていたのですが、担当者の方があまり信用できず、ここにしました。ここの担当者の方は自分と相性が良かった?ので、転職を頑張ろうという気持ちにさせてくれたのでいまでも感謝しています。

IT企業の勤務体系と内情

会社規模は100人程度で、女性は2割~3割ほど。男性ばかりの会社もありますから、それに比べて女性比率は高かったと思います。エンジニアはほとんど全員客先に常駐していました。

中小企業では客先常駐は珍しくありません。現場へ行くと、ほかの会社から来た人と同じ仕事をすることになります。ただし、待遇は所属会社によって大きく変わるので注意が必要です。

例えば、私の会社では裁量労働制を採用していました。本来、裁量労働制というのは、みなし労働時間が8時間だった場合、5時間働いても10時間働いても8時間働いたことにする、というものです。つまり、8時間以上働いても残業代が出ない代わりに、8時間未満の勤務が許されるはずなのです。ですが、実際は常駐先の勤務形態に縛られるため、休憩時間を含めて9時間は必ず拘束されます。それなのに、残業代は「裁量労働制だから」という理由で、一切出ませんでした。

激務薄給

月100時間残業をしたとしても、残業なしの人と給料は同じ。入社前の話では、その分ボーナスで調整するということでしたが、それも雀の涙で、年間で12万ほどしか出ませんでした。

ところが、ほかの会社から来た人に話を聞くと、20時間以上残業した場合は残業代が出るというのです。同じように月100時間の残業をしたら、この人には80時間の残業代がつくわけです。

さらに言えば、常駐先からは勤務時間が一定を超えるとその分のお金が支払われます。そのお金はどこへ行くのか?会社の利益になります。なんとも納得のいかない話です。

それでも自社が好きだ、というのであればいいのですが、実際は自社の人と関わることは少なく、現場の人との付き合いが9割を占めますから、帰属意識が薄れるのも仕方ないことだと思います。

IT業界に未経験で入るには何歳が限界?

全くの未経験で業界に入る場合、個人的には20代半ばが限界かな、と思います。1番の理由は給料が低いためです。IT業界は人手不足のため、未経験でも育てます、という会社は多いです。

特に中小企業で、客先常駐に頼っている場合は、駒を増やせばそれだけ利益が上がるので、IT知識がゼロでもバンバン採用を行います。その場合、給料が新卒より安い場合もあります。若いうちはそれでもいいかもしれませんが、30歳を過ぎて手取り20万以下では厳しいですよね。

プログラマーはひたすらPCに向かっている、誰とも会話しなくていいというイメージを持つ人も少なくないと思いますが、実際は人とのやり取りがかなり重要で、知らない人と話せない、電話に出られない、という人は割と苦痛ではないかと思います。

逆に、IT知識がなくても人見知りせず、コミュニケーションが取れる人のほうが重宝されるので、前職が飲食やサービス業の人は向いているかもしれません。もちろん、自分で知識をつけることは必要になりますが。

IT業界を家族におすすめできるか

家族がIT業界に入りたいと言ったら…正直勧めません。大手に新卒で新卒で入れるようであれば別ですが、中小企業では大した給料は望めませんし、常に新しいことを学びつつけなければいけない業界なので大変疲れます。

ただ、今存在しないサービスを作ってヒットすれば大きく儲かる業種ではあるので、自分で新しいものを作ることができる人にはいいかもしれません。
最後に、未経験でIT業界へ入ろうとしている人へ。
未経験と知識ゼロは違います。ある程度の知識(基本情報技術者レベル)は習得しておくことをお勧めします。

otkさんの体験記(プログラマ、SE)

  • 性別:男性
  • 年齢:24歳
  • 勤務地:東京都
  • 年収:300万円~350万円

IT業界に入社した経緯と入社後

4年くらい前のことですが、東京のシステムインテグレーション、WEB開発、スマホ開発をしている会社でプログラマーをしていました。3年目くらいからは一部SEの仕事もしていました。

就職した理由ですが、もともとゲーム業界を目指し、専門学校で学んでおり就活中でした。

運悪く、ちょうど、リーマンショックの年で、就職自体が危ぶまれるようになりました。そこで、IT業界はゲーム業界に比べ研修制度がしっかりしている企業が多かったためIT業界にも就職の視野を広げて就職活動を始めた。
学校でプログラミングを学んでいたのでプログラマーで就職しました。

会社での勤務形態は正社員で、エンジニア派遣が主な売上だったため、社外で仕事することが多かったです。
私以外のエンジニアも外の現場でプロジェクトに参画している人がほとんどでした。

IT業界の勤務体系と内情

残業は参画プロジェクトや現場により変わる。

比較的残業が少なく、ほぼ毎日18時に上げれる会社もあったが、ひどいところは月100時間を超え、休日出勤して徹夜をすることがある現場もありました。
もう昔のことなので、暴露しますが、36協定の時間を超えないようにタイムカードをごまかしたりもしました。
当然、体も壊しました。(今は良くなりましたが)

業界の男女比は一般的な男女比は9割男性とききますが、私のいた会社は女性2割くらいでした。女性エンジニアも何人かいました。
デザインを内製でやっているとデザイナーさんが女性だったりして、比率はもう少し変わるという話を聞いたこともあります。

また、派遣先に何年かいると、本社に帰ることが少ないため、自社の人間、特に新入社員は半年以上顔を見たことないということがよくあります。
最先端と言われる業界ですが、実は10年も前の技術ばかりなんていうのは普通にあります。新規でシステムを構築するなんていうことが減ってきているためです。
新規でサービスを起こすところやソーシャルゲーム、WEBの大手は、取り入れる機会が多かったりします。

IT業界は未経験40代も可能!?

上司で未経験で37歳まで飲食業勤務だった方がいました。その方のスキルや学歴などは不明ですが、リーダーして勤務しておられました。

もともと店長などもされておられたので、マネジメントのスキルがあったため、コーディングや開発よりはプロジェクトマネジメント方面で活躍されているようでした。

どうやって入って来たのかは一度聞いた事があり、確かリクルートエージェントマイナビエージェントだったと思います。

コーディングや開発スキル以外に、なにか活かせるものを持っていれば、40くらいでも未経験でも職種にはよりますが、就職はできると考えます。そして、技術的な部分以外になにか光るものを持っている方というのが、業界でも多く活躍されています。

IT業界に入る場合はIT好きな人であればおすすめ

自分の家族にその業界をおすすめできるかどうかですが、私は、止めませんが、オススメもしません。おすすめできない理由ひどいところは、本当にひどいから。

よく調べた上で、目指すならいいですが、ここ未経験OKだし、給料いいから行ってみようという感じならやめておけと思います。そのうち、気持ちが続かなくなります。

未経験の人がその業界に入る前に知っておいた方がいいこと。気を付けてほしいことは、IT業界で何をしたいかは明確にしておきましょう。好きなサービスを作っている会社であればいいでしょうし、スキルアップ、ステップアップのためなのか等。また、身につけたい技術や開発経験もきちんと確認が必要です。

また、派遣先常駐の企業は数年ごとに勤務場所が変わることがあります。本社近くに部屋借りたのに、全然違う現場で勤務時間が倍になるなんてことは普通です。勤務地が変わるのが嫌であれば、自社サービスをやっている会社にするなどすればリスクは減ると思います。

さらに知りたい方はこちら

IT業界の一人の方の体験談です↓

いろいろな業界の体験談を以下に記載しています↓

体験談投稿してみませんか?

業界・企業の体験談を募集しています。

あなたの投稿がWEBサイトに掲載されれば、多くの方に読まれることになります。

「この業界はやめておいたほうがいい」「こういう人じゃないと生き残れない」など、生の意見を教えてください。掲載できる内容と判断した場合は、本WEBサイトに掲載させていただきます。

お問い合わせ」からご連絡、もしくは直接投稿ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら