転職フェアの活用(服装は?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

企業にとっては自分の会社をアピールする所、転職者にとっては企業を見定める所です。その内容は、著名人(起業家、お笑い芸人、大手企業の役員)が講演を行ったり、たくさんの大手企業がブースを出して、 転職者の質問に答えたり、会社の説明をしたりします。

例えばマイナビEXPOだとキャリアの相談や、履歴書写真撮影のコーナーがあったりしますが、それほど使わないかもしれませんね。 キャリアの相談は普段友達や家族に相談しずらいことも相談しやすいので少しは役に立つかも。。

以下はDODAの転職フェアの説明動画です。

用意するものは?私服でOK?

パソコンから事前登録のみでOKです。(事前登録すると特典がもらえることがあります)

登録していなくても商品券などの特典がもらえないだけで、基本的に当日参加可能です。

また、エントリーシートなどが提出できる場合もありますが、他のタイミングでも出せるので、急いでいない限り持っていかなくても大丈夫でしょう。

服装はだいたいどの転職フェアもスーツの方が私服よりも多いです。

大体80%-90%の方はスーツなので、私服で行くと多少目立ちます。スーツを持っている方は、下手に私服で行くより無難にスーツで行くことをお勧めいたします。ただ、どうしても「スーツがない!」という方は私服でも問題ありません

メリットは?

主なメリットは以下3つです。

  1. 面接官に顔が売れる、知り合いになれる
  2. 会社の雰囲気がある程度つかめる
  3. やる気が上がる

1.の面接官に顔が売れるのは当然です。ただし、その人が自分の面接をするとは限りません。

2.で書いたように、たくさんの企業の方と話して雰囲気がつかめます。雰囲気が合うと、実際の面接でも雰囲気が合う可能性が高く、良い指標になります。面接官との相性かなり重要になってくるので、ここで雰囲気を掴んでおくと良いでしょう。雰囲気が合わない企業を受けないことにより、その後無駄な労力を使わずに済みます。もしくは、ある程度雰囲気がわかっていれば実際の面接にむけてどういう雰囲気を出せばいいか作戦を立てることができますね。

3つめですが、転職フェアに出ることで確実にやる気が上がります。家でじっとパソコンを眺めているより、誰かと話して考えを伝えたり、人の話を聞いた方が当然モチベーションが上がります。共通の目標を持った方と友達になればさらにやる気はあがります。

自分の知っている企業がなくてもとりあえず気分を高めて「転職をスタートした気分になる」ことは重要です。転職フェアに出るのは少し面倒ですが、無理して出ればとりあえず少しやる気が上がります。

転職フェアを実施している転職サイト

マイナビEXPO

マイナビEXPO100社以上の企業が参加するので、一度にたくさんの企業を見ることができます。

大手なので大企業の出店も多く、第二新卒で大手に行きたい人にとっては最適です。

また、キャリア相談のコーナーがあり、普段誰にも相談できない方は ここで相談してみるといいかもしれません。

地方でのフェアが多いため、都心部のフェアに参加できない方には非常におすすめです。

TYPE

TYPEの転職フェアはエンジニアの転職など、ある一つのジャンルに絞って出店することが多いです。

特にITエンジニアの転職フェアが多いので、そういう方はチェックしてみましょう。

DODA

DODAではマイナビEXPOのような、いかにも大手がやっていそうな転職フェアだけでなく、いろいろなフェアを開催しています。

  • 転職セミナー(キャリアアドバイザーが転職の進め方を教える)
  • 合同転職面談会(実際に働いている人に話を聞ける)
  • キャリアセミナー(英語や経済からfintechまで能力を伸ばすためのセミナー)
  • 転職フェア(300社以上が集まる日本最大!?の転職フェアらしいです)

転職活動に疲れてきたら「転職セミナー」に行ってみてもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら