転職活動の始め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職しようか迷ってるけど、どのサイトや転職エージェントを使えば良いかわからない!

という方向けに、どうやって転職活動を進めるべきかをまとめました。

まずはINDEEDで検索する

INDEEDは強力です。このサイトはリクルートが買収したサービスで、 企業のホームページや就活サイト、その他就職に関するサイトすべてから求人情報を集めて表示してくれます。

普通の企業はマイナビやリクナビ、DODAなど大手の就活サイトに登録しますが、そのためにはお金が必要であり、一般的にはまず自社のHPに採用情報を載せます。

その採用情報を拾ってきて表示してくれるので、大手の就活サイトに大々的に登録していない求人や、リクルートエージェントなどのわざわざ登録しないといけないサイトの情報なども表示されます。

まずここで検索して、行きたい企業などが見つかったらそこの就活サイトに登録するような流れで進めるとよいでしょう。また、地域指定で検索できるため、第二新卒にありがちなUターンやIターンにも最適のサイトです。

しっかりと行動し始めるまではここでひたすら調べて企業をリストアップしていくと良いでしょう。

大手の就活サイトに登録する

以下がおすすめの大手転職サイト・エージェントです。

このなかで、リクルートエージェントと、マイナビジョブ20’Sはエージェントが登録した人の転職支援をしてくれるサービスです。 エージェントについて知らない方は こちら をご覧ください。

登録するときは、パスワードを同じものにしておくと迷わないのでおすすめです。転職サイトのパスワードばれたところで何の被害もないので。

また、これらの転職サイトにはスカウト機能がついており、こちらが登録した情報を企業の採用担当が見て、スカウトメールを送ってくれます。 スカウトが最も多く届くのがDODAなので、DODAでスカウト待ちするのもありでしょう。おそらくDODAのスカウト送信費用が安いため、企業が送りやすいのだと思います。

ただ、高学歴で同業種の経歴が無いと、スカウトははっきり言ってそんなに来ません。おそらくですが、企業の採用者は採用サイト登録者を探すときに以下のようなフィルタリングの機能を使っている可能性が高いです。

  • 同業種
  • 旧帝国大学以上
  • 何歳以下

つまり、この方法によって検索されれば、検索結果の上位に表示されるのは以下のような人たちです。

  • 東京大学 : サイバーエージェント2年勤務 : 23歳
  • 慶応大学 : SONY3年勤務 : 24歳
  • 京都大学 : トヨタ1年勤務 : 22歳

こういった絞り方をされたときに、もし上位1000人にスカウトメッセージを送るという方法でスカウトしていた場合、大抵の人にはスカウトが来ません。

そのため、異業種を目指している人や、年齢的に負けている人は自分から能動的に動いた方が成功しやすいでしょう。

企業評価サイトで口コミを見る

企業評価サイトを見ましょう。こちらの記事に詳細を書いていますが、(転職会議キャリコネVokersの評判は信じていい?企業評価サイトの使い方まとめ)最近は企業評価サイトの口コミの質がかなり上がってきているので、積極的に使いましょう。

ただし登録はけっこう面倒です。最悪友達とアカウントを共有してもいいかもしれません。

主な企業評価サイトの一覧です。

転職時の年収を上げる方法を知る

転職時に年収を上げる方法は、技術や能力だけではありません。

転職の面接時の交渉によっても年収を上げることができます。しっかり戦略を練って、高い給料で雇ってもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら