もういちど就職について考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職するかどうか悩んでいませんか?転職すること自体は別に悪いことではありません。

恩を仇で返すのか!と上司に言われようが、そんなことはあなたの将来にとってマイナスにはなりません。

1.なぜ転職するのかなんて考えなくていい

「まず、なぜ転職するのかをはっきりさせましょう。」なんて馬鹿げています。 そんなことを考えるのは5年後でいいです。転職してしまってから後付けで理由でもつけておきましょう。まず転職をすることです。

転職する理由なんてだいたい以下のような理由です。

  • 人間関係がうまくいかない
  • 給料が安い
  • 仕事がつまらない
  • スキルアップ

この中の一つだけが、どうしても納得がいかないから転職するという人はかなり少ないと思います。大抵は複雑な事情が絡み合い、なんとなく転職を考えるようになります。

人間関係がうまくいかないなら、転職すれば解消される可能性は存分にありますし、給料が安いのなら高いところ(将来的にも)を考えて転職しましょう。あなたが思っているほど転職は悪いことではありません。私も転職する前は、少し抵抗がありました。私の性格は実力主義、合理主義であるのにも関わらず、転職すること自体にハードルがあり、罪悪感を感じていました。

今の状態が嫌なら、その理由なんて考えずにとりあえず転職活動をしましょう。心配はいりません。

2.まず行動する

転職活動はあなたが思っている以上に能動的に動かなくてはなりません。

きっと、やめたいやめたいと思ってるけど転職活動はしていない。なんて人はゴロゴロいると思います。それはなぜか??

それは、

「内定をもらえる可能性が全く分からないから」

じゃないでしょうか。

受かる可能性が全くわからないことに対して行動するというというのは非常に勇気がいります。

私も最初は転職サイトに登録したり、検索したりして、良い企業無いかなぁとずっと調べるだけでした。 登録したサイトから来たスカウトに目を通して、あんまりいいところから来ないなぁみたいな感じです。

そうやって自分からしっかり行動して面接を開始するまでに3か月くらいの期間を要しました。実際、私の場合はそのときの仕事を続けながら転職活動をしていましたが、なかなかしんどかったです。

何がしんどいのかと言うと、今の仕事でしか使わないような技術や方法にやる気が出なくなっても頑張ってやらなくてはいけないという状況です。

また、転職するということを周りの人にあまり言っていなかったので、裏切っているような気持にもなりました。飲み会にも徐々に参加しなくなり、なるべく悲しくないように…みたいな感じです。

私が積極的に転職活動ができるようになったのは今思えば、転職活動をサポートしてくれる転職エージェントの登録をしたことだったかもしれません。 転職エージェントは、企業との間を取り持ち、就職が決まったらその年収の20%から30%?くらいを報酬として働く人たちのことです。転職方法で詳しく説明しているのでご覧ください。 積極的に就職活動するために、そういうのを使うのも一つの手です。

なので、いかにして自分を動かすかを考えないと、だらだらして結局転職しないことになってしまうので気を付けましょう。(転職しないのならしないで全然OKですが)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら


コメントを残す

*