第二新卒におすすめの大手企業例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アクセンチュア・サイボウズ・博報堂・ファーストリテイリングの第二新卒募集例を見てみましょう。

どの企業も成長企業です。

 サイボウズ(大手IT企業)

サイボウズはグループウェアのソフトを柱にする有名大手IT企業です。

採用情報の概要は以下です。

募集対象:大学を卒業後、短期間(5年以内が目安)の就業経験がある方。

業務内容:現在募集しているのは、こちらの職種ですが、第二新卒の方はこれに限らず幅広く可能性を見させていただきます。

勤務時間:9時~18時(必要に応じてフレキシブルに変更できる制度あり) 給与 月給制 経験/能力に応じて当社規定により決定します。

賞与:年2回 諸手当 交通費支給(~5万円/1か月)

休暇:完全週休2日制、土日祝日、夏季冬季(年間休日121日)、年次有給休暇、職歴加算年休付加制度、リフレッシュ休暇など

サイボウズでは上記の通り、 「大学卒業ご5年間で就業経験がある方」 を一通りの目安としているようです。また、第二新卒を積極的に採用しているようですね。

○○でも書きましたが、企業が中途採用を増やしたり、採用を拡大する理由は主に2通りで、

  • 業績拡大により人材が不足
  • 人が辞めていく業界でかつ技術がいらない

のどちらかになります。

サイボウズはもちろん、業績拡大中の企業です。

この募集要項からは、本当に第二新卒を採用拡大しているかどうかちょっとあいまいですね!

第二新卒採用情報はこちら

博報堂(大手広告会社)

博報堂 は日本を代表する大手広告会社で、「第二新卒」という形で、社会人2~3年目の若者を対象にした中途採用を行っているそうです

最近は第二新卒枠を二倍にして、採用を急拡大です!!

上のサイボウズの募集では第二新卒の定義が「5年」でしたが、博報堂では3年目までを第二新卒の採用枠としているので、 企業ごとに第二新卒の定義が若干変わるようですね。

第二新卒といってもどこまでを第二新卒としているのか、企業ごとにしっかりとチェックするといいかもしれません。
ただ、第二新卒の枠が無いなら無いで、中途採用で受ければいいだけの話なので、特に問題はありません。

第二新卒採用の記事はこちら

ユニクロ(ファーストリテイリング・アパレル)

 

次のステップは、真のグローバル企業となる為に、
世界中で世界中の市場でNo.1ブランドになること。
そして、2020年売上高5兆円を実現したいと考えています。

 

第二新卒歓迎★ユニクロ/ジーユーのビジネスに興味があり、世界一を目指すことに共感いただける方※要普免

【具体的には】
第二新卒から経験者まで、幅広く募集いたします。
※就業経験の有無、業界/職種の経験は一切問いません。

■活躍できるのはこんな人
・サービス精神が旺盛でフットワークが軽く、すぐ行動に移す
・周囲を巻き込み、皆でひとつの方向を目指すリーダーシップがある
・変化を恐れず、むしろ楽しめる
・常に「物事の本質は何か」を意識している
・自分の成長にも、目標にも粘り強く、諦めない
・経営は、机上論理よりも、最もお客さまに近い場所で学ぶべきと考えている
・考えるだけではなく、深く考えながらもスピーディーに実行している

<各社共通>
月給21万円以上
※前職の年収・経験を踏まえ決定
※年収レンジ400万円~(月給21万円以上)

【年収例】
780万円/月給42万円(経験5年・28歳)
860万円/月給49万円(経験8年・31歳)
1250万円/月給64万円(経験15年・37歳)

ファーストリテイリングは海外に展開しているため、中途採用では TOEIC800以上が求められます。

第二新卒や新卒の場合はTOEICは求められないので、そこまでハードルは高くなさそうです。

モデル年収では28歳で780万円となかなかの給料です。

2020年売上高5兆円を目指すために採用を拡大しているので、かなりのチャンスです。こういう企業を多く受けることで、どこかに受かれば良いですね。

大手企業に受かる秘訣は「採用拡大企業をとにかくたくさん受ける」ことです。

アクセンチュア(大手コンサルティング企業)

アクセンチュアは世界最大のコンサルティング企業で、IT系に強みのある優良企業です。

日本ではそこまで知名度は高くありませんが、世界に出ればかなり有名な大手企業です。 アクセンチュアは近年業績が急拡大しているため、かなり採用を拡大しており、中途採用でも入りやすくチャンスです。

このような大手コンサルティング企業で近年流行っている言葉は「ダイバーシティ」で、直訳すると 「多様性」という意味で、採用の現場では「いろいろな考えを持った人材を受け入れる」という考え方になります。

つまり、自分の得意分野を生かして異業種に転職することや、いろいろな出生地、環境で育った人でも採用しますよ ということを言っているので、第二新卒の方で異業種に行こうと思っている方はこういう会社が受け入れてくれます

実際、こういった外資系の大手コンサルティング会社には実に様々な人がいて、中途採用や第二新卒で入った人材が多いため馴染みやすいというのも 良い特徴です。

第二新卒採用情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら


コメントを残す

*