HTMLを覚えてITエンジニアとして就職する手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

HTMLをある程度書けるようになった方、もしくはこれから勉強しようと考えている方を対象とした記事です。

どうすればWEB系のITエンジニアになれるのか、また今すぐ就職していいものなのか判断する方法を記事にしました。

HTMLを使う職種と具体的業務内容

webデザイナー

仕事内容

業界を知らない方が一番真っ先に思いつくのが、webデザイナーでしょう。webデザイナーはその名の通り、webサイトのデザインを担当します。

実はWEBデザイナーは大きな企業で仕事をするか、小さな企業で小さいサイトをつくるかで全く業務内容が異なります。大きなWEBサイトに関わる場合は、本当にデザイン担当で、既存サイトの修正作業などが主になります。

逆に小さな企業であれば、WEBデザイナー兼ディレクターなど、設計から実際に運用するまで一人でやることも珍しくありません。さらにはサーバーを立ち上げるところからやる場合もあるので、いろいろな仕事をすることができます。

ただ、小さな企業に勤めていても大手企業の大きな仕事に出向にいく可能性もあるのでなんとも言えません。

必要な知識

webデザイナーには、html,css,またそれらを扱うソフトウェア(dreamweaver等)の知識が必要とされます。また、コードを書くだけではなく、写真を探したり、イラストレーター、記事を書くライターとのやりとりももちろん発生します。

就職する前の勉強方法

ある程度基本を知っているのと全く知らないのでは気持ちも面で大きく変わってきます。また、面接でも「本を一冊勉強しました!」とか、「HTMLの資格を取りました」というのと、「何もやっていません」というのではだいぶ印象が違います。

また、少し勉強すると「javascript」というプログラミング言語が必要なことに気づくはずです。言語はノンプログラマーの方には敷居が高いですが、いずれ必要になるので覚えておいて損はないでしょう。ただ、就職するにあたっては特に問題にはなりません。「できれば尚可」という感じです。

もし就職前に覚えておきたいという方は以下のWEBサイトがおすすめです。

  1. ドットインストール(無料のサイト。これから始める方には最もおすすめです)
  2. WEBデザインレシピ(個人の方が運営しているWEBサイト。有名)
  3. udemy.com(有料の動画で勉強できるサイト。世界最大の学習サイトで、講座が豊富です)

年収と待遇

webデザイナーで一生働くとなると、キャリア形成は難しいかもしれません。一般的にwebデザイナーの給料はそれほど高くありません。ただし、webデザインがわかればSEになったときにも、プログラマになった時にも必ず役に立つので、webデザイナーになることはのちのち活かすことができます。

実際に就職する方法

年齢を気にする方も多いですが、30歳までなら基本的に問題はありません。

ではHTMLやCSSをどれくらい使えればいいのか?と疑問に思いますが、基本的にはある入門書1冊分くらいしっかり勉強していれば大丈夫です。その理由は、IT業界の深刻な人材不足にあります。近年のIT業界の発展もあり、大きな会社でなければほぼ未経験で入社することができます。

WEB系のエンジニアは需要があるので、大手転職サイト、もしくは大手の専門系エージェントをおすすめします。

転職サイト

転職エージェント

システムエンジニア

業務内容

システムエンジニアは業務の内容が広すぎるのですが、システムエンジニアもHTMLを使います。なぜHTMLを使うの?と疑問に思うかもしれませんが、WEBアプリケーションの案件が非常に増えたためです。

実は、よくあるWEBサイト以外にもHTMLやCSSを使うシステムもあります。知らない人が聞くと、『ん???』と思うかもしれません。WEBブラウザと呼ばれる「Chrome」や「InternetExproler」を画面としてつかえるので、画面の部分としてHTMLやCSSを使ってシステムを組みます。

この業務用のWEBアプリケーションと皆がインターネットでよく使うWEBアプリケーション(オープンなサイト)は、画面のデザインにおいて決定的な違いがあります。

一般的なユーザーが使うSUUMOなどのサイトはデザインがかっこいいということがプラスの要素として働くのに対し、業務用のWEBアプリケーションは企業の担当者が仕事用に使うものなので「デザイン性」がそれほど重要視されません。

⬇︎SUUMOのサイト

 

なのでシステムエンジニアになる場合はそこまで深く知っている必要はないのですが、理解していないと仕事をするうえで障害になります。

どんなIT系の職業に就くにせよ、結局HTMLやCSSは今や知っておかないと恥ずかしいレベルで浸透しています。これが10年前なら知らなくてもやっていけたのですが、今は大抵の人は勉強したり仕事で使っています。

必要な知識と能力

システムエンジニアは本当に仕事が多岐にわたるので、何を覚えていたら大丈夫ということは無いですが、基本的なプログラミング言語1つはある程度書けることになっていることが望ましいです。

また、システムエンジニアは外部とのやりとりが非常に多く、WEBデザイナーと比べると数段コミュニケーション能力が必要とされます。

コミュニケーションが苦手な人にはあまりおすすめできる仕事ではありません。

年収と待遇

年収と待遇はプログラマやWEBデザイナーよりも幅があり、上は1000万から下は300万くらいまでと、大手企業に入ることができればかなりの高収入を期待できます。

はじめにWEBデザイナーとして働いて、そこからSEに鞍替えするというのもいい方法でしょう。WEB系の知識があれば、未経験で転職活動するよりも格段に転職しやすいです。

どうしても大手企業しか嫌だ!という人以外は、まずは小さな企業に入って経験を積んでから大手企業に転職することをおすすめします。また、転職は35歳を過ぎると格段に難しくなるので、できればそれまでにしっかりキャリアを築いておきたいところです。

実際に転職する方法

システムエンジニアも選ばなければすぐに就職することができます。

ただ、選ばないとは言ってもブラック企業に入るのは避けたいので、できれば半年くらいかけてしっかり調べることをおすすめします。

転職サイト・エージェントから普通に就職活動をすれば、特に経験が無くても就職できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら