第二新卒で異業種に転職しやすい理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

第二新卒で異業種に転職するのは難しいと思っていませんか?
実際はその逆で、第二新卒だからこそ異業種への転職ができます。

異業種に行くとして、どの業界を選べばいいのか、異業種の企業の選び方などを考えていきます

第二新卒で異業種への転職がしやすい理由

まず第二新卒採用というのは、募集する企業側からすれば、「新卒と同じ扱い」で「採用数を増やす」ために行います。

つまり、新卒だけでは足りないので、新卒扱いできる数を増やすために第二新卒枠を設けてます。そのため、第二新卒は新卒と同じと考え、大学時代の学部などは考慮されますが、どこで何年働いたかなどはあまり問題になりません(もちろん経験があればより良いですが、その場合中途採用枠になります)

「学部が考慮される」と上に書きましたが、学部関係なしに採用する業界はたくさんあります。商社やコンサル、IT、…etc などは学部関係なしに積極的に人材を募集しています(ダイバーシティという言葉の流行も後押ししています)

よって、学部や経験はあまり関係なく、その人の学歴(詳しくはこちら ➡︎ 第二新卒に学歴は必要か)、経歴、人柄など新卒のときと同じように考えて転職活動すれば問題ありません。そもそも第二新卒枠というのはそういう人の為に設けられた採用枠です。

異業種を狙う第二新卒者に求められる素質

ここは当たり前のことを書いているので、飛ばしていただいてかまいません。

上記から考えると、そもそも経験は求められていませんし、大学時代の学部もそれほど関係ありません。

では逆にどのような能力や素質が求められるかですが、主に以下3つです。

  1. 真面目な人間か(勤務態度や性格)
  2. コミュニケーション能力
  3. 学歴

1.2.は当然です。どんな会社に入るにも必要とされる能力が当たり前に要求されます。

3.の学歴ですが、学歴もそれほど重要ではないのですが、大企業に多数の応募者がいる場合、学歴で落とされる可能性はあります。特に完全にゼロから異業種に挑む場合は、ほかの転職者と比較する点が少なく、採用側も相当悩むので、学歴が採用基準に使われます。

ただ、学歴はいまさら変えることは出来ないので悩まずに転職活動をしましょう。

業界の選び方

自分の業界が嫌で新しい業界に行ってみたいという方は多いのではないでしょうか。

業界を選ぶにあたって、考えるポイントが2つあります。

  1. 転職者を募集している業界か
  2. 業界の特徴・雰囲気

1.転職者を募集している業界か

そもそも転職者を募集している業界か判断しなくてはいけません。

自分のなんとなく行きたいと思っている業界が転職者をあまり募集しない業界だった場合、転職に苦労する可能性があるためです。転職しないという選択肢も視野にいれておきましょう。

転職しやすい業界か、しにくい業界かをこちらで説明しているので参考にしてみて下さい。
➡︎ 転職しやすい業界・しにくい業界17

2.業界の特徴・雰囲気

業界にはそれぞれ特徴や雰囲気があります。比較的新しくできたIT業界では若い人が多く、活気があり、人間関係はドライというようにある程度決まっています。(もちろん会社によって違うことは言うまでもありません)

そのため、入社してからのギャップを無くす為にも、業界の特徴や雰囲気を知っておくことは大事です。今の第二新卒の方で一番避けたいのは、体質の古い企業への転職だと思います。

数社で寡占・独占されているような業界や、古くからある業界は当然古い体質の企業はあまりおすすめできません。詳細は以下リンクから
➡︎ 体質の古い企業・業界の見抜き方

企業の選び方

業界を選んだら、次は企業の選び方です。

基本的に異業種なのでがんがん大手企業を受けてしまって良いのですが、あまり落とされると転職活動疲れを起こすので、新卒のときに受けていた企業よりも少し良い企業を受けると良いでしょう。

また、新卒のときよりも企業を見る目は肥えているとは思いますが、ブラック企業には気をつけましょう。

ブラック企業を見抜くポイントは以下ですが、詳細はリンクから確認してください。

  • 成長企業かどうか
  • 人を育てなくても利益のでる構造の企業でないか
  • 口コミを見て極端に悪く言われていないか

➡︎ ブラック大手企業の見抜き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら