未経験からITエンジニアになりたいなら最初はブラック企業で問題ない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者yasu。某大手IT企業SEで35歳3社目。28歳で建設関係からSEへ転職。

私の場合はまあまあブラックだった

私の場合は27歳で土木系からIT系に転職したのですが、最初に入ったIT企業はまあまあブラックでした。

土木のときよりはブラックではありませんでしたが、普通にSES(派遣みたいな働き方)で残業代はもらえませんでしたし、そこそこ残業ありました。

いきなり大手ホワイト企業はなかなか難しい

私の場合は転職活動をして10社くらい受けて、1,2社地方のIT企業に受かりました。ちなみに大手のIT企業は面接で落とされました。。。

私の属性はそこそこいい方で、地方国立のそこそこいい大学を出ており、前にいた土木系の企業は1部上場企業です。

なので似たような業界にいたかもしくは27歳以下でないと、普通にいきなりホワイト大手IT企業に就職するのは難しいと考えています。

もちろん、コミュニケーション能力が高かったりある程度ITに関する知識があったり、学部で情報系を出ていれば可能性は高くなると思います。

ただ、大手のIT企業はだいたい新卒でけっこうな人数採用しているので中途で未経験を取る必要がそもそもないんですよね。

転職サービス一覧はこちら

中小規模のホワイト・ブラックはまあいけるかも

ただ、中小規模のホワイト企業であれば入れる可能性はあると思います。

IT業界全体がずーーっと慢性的に人不足(大手は新卒でも集まるのでその限りではありませんが)なので、中小企業の場合は未経験でも取りたがります。

また、SESという業態の場合は特に人が入りさえすれば「個人の能力がどうであれ業績が上がる」仕組みなので、とりあえず採用しようとします。

最初はブラックでも問題ない理由

で、本題の最初はブラックでも問題ない理由ですが、先ほど言った通りIT業界全体が慢性的に人不足なので、転職がかなりしやすいです。

ブラック企業に入りつつも、勉強して能力をつけてからホワイト企業に転職することが十分に可能です。

というか私も実際そのようにして今は結構でかい企業でITエンジニアをやっています。

危険なのは能力のつかない長時間労働企業

ただし、それには例外もあります。

それは「ブラックすぎて働きづめ、かつ、技術が身につかないプロジェクトに配属される会社」です。

こういう会社に入ってしまうと、仕事が終わった後に勉強することができないうえに、プロジェクトの仕事内容を履歴書に書いても面接までたどり着けない可能性があるためです。

なので、ブラック企業の中でもマシな企業に入らなくてはいけません。

そこそこホワイトな企業の探し方

危ない企業の特徴は以下です。以下のような企業はSES(派遣)企業です。

※ただし、このあと書きますが、SESだからダメ!だと転職できない可能性があるので、うまく使うことを私はおすすめしています。

  1. 常に求人が出ている企業
  2. 業務内容が明確でない企業
  3. みなし残業などの記載がある企業

常に求人が出ている企業

常に求人が出ている企業はあまりおすすめしません。。常に求人が出ている企業は結構やばい企業が多いです。

というのも単に私の経験から「あー、ここね。。」という感じの企業はいっつも求人だしているので。

人がやめるのが常態化していて、かつ人が辞めてもこまらない企業が多いです。

業務内容が明確でない企業

会社のHPを見てみてください。なんかよくわからないことを羅列して、何やってるかさっぱりわからない企業というのは避けましょう。

これも経験則なのですが、そういう会社はSESの中でも結構ヤバめの会社が多いです。

みなし残業などの記載がある企業

みなし残業意味わからん!という個人的な感想です。w
まああるところはあるので、あまり気にしないのも手ですね。

それが無理なら少しブラックな企業

私の言うブラックな企業は、一般的にSESと呼ばれている業態です。

あまり人気の無い業態なのですが、未経験の人が入るにはまあいいのではないかというのが私の意見です(実際私の一社目の会社はSESです)

日本ではソフトウェアの受託開発が多いので(雇用が流動的でないため、ソフトウェアのようにプロジェクト単位で人が大量に必要になる仕事は外注するのが効率的なんですね。。。。アメリカだと解雇が簡単にできるので自社でソフトウェアを作れるのです。。)SES企業が発展しています。

SESでやらないほうが良いプロジェクト

SESでやらないほうがいいプロジェクトは基幹系と呼ばれるシステムの開発です。

基幹系といのは「人事」「販売管理」「顧客管理」とかのプロジェクトを指します。

これら基幹系のプロジェクトは、めちゃくちゃ古い開発手法を使っているのと、無駄な作業が大量に発生するのでなかなか技術を身に着けるのが難しいからです。

もちろんずっとSESではたらくならそれでもいいのですが、いずれは自社サービス開発企業に転職したり、大手IT企業に転職したいのであれば避けましょう。

転職する際はエージェント使うとそこそこの企業に入れる

リク〇〇NEXTなどの転職サイトを使ってもいいのですが、けっこう地雷系の企業が多いのであまりおすすめしていません。。

転職エージェント経由で、「そのときに入れる可能な限りホワイトな企業」を探してもらうのがよいと思っています。

転職エージェントは年間数百人は転職の手伝いをしているので、未経験で入れる企業というのをある程度知っています。もちろんエージェント次第なところはあるにはあるのですが、それでも基本的にはおすすめしています。

総合系転職エージェント

転職サービス一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら