おすすめのITスクール・勉強方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プログラミングやパソコンをこれから学びたい方に向けて、おすすめのITスクール、プログラミング教室やWEBサイトをまとめてみました。

はじめに

もしIT業界への転職を考えているなら

あなたがIT関係のスクールに通いたい理由は何でしょうか?

もしあなたが30代や40代で、IT業界に転職したい場合、かなり厳しい戦いになります。

IT業界で働く人はパソコンやプログラムが好きで、もともとある程度知識のある人が、大学や高校を卒業してずっとエンジニアとして働いてきているからです。

もちろん「30だから就職できない」とは言いませんが、あなたが会社に入ってプログラムを教えてもらうのは20代前半の若造です。もし会社員として長く働こうというのであれば、30歳以上未経験からのIT業界への転職はおすすめできません。

ただ、そうは言いましたが、1つ抜け道があります。

それは、2年ほどプログラマとして働いてから独立してフリーランスで働く道です。どんな方でもプログラムを2 年ほどかけばある程度の基礎が身につきます。あとはランサーズや友人、営業会社を通して仕事を受ければ普通に食べていけるだけの収入を得ることはできるでしょう。なので、もし30歳以上未経験でIT業界に行くのであれば、はじめから独立する予定で働くべきです。

下の図はIPAが公開している、フリーランスエンジニアとIT企業IT技術者の年収です。

30代ではフリーランスの給料がIT企業勤務の場合と比較してもそれほど劣らないので、30代はフリーランスとして過ごし、40代から企業に務めるという方法が良さそうですね。ただし、35歳を超えると転職が急激に難しくなるので注意が必要です。

そのためにはまず「最低限のスキル」は身につけておきたいところです。「CPU,メモリ」などのハードの知識や、プログラミングなどのソフトの知識を就職する前に勉強しておきましょう。

有料のスクールか独学か

スクールは高額

有料スクールは非常に高額です。数ヶ月で何十万も投資する理由は本当にあるでしょうか?

本当にまったく何もわからず、パソコンでwebサイトもうまく見れない!という方は迷わずスクールに行くべきだとは思いますが、それ以外の方は基本的にはまず本とWEBサイトを駆使するべきなのは間違いありません。

有料スクールの簡単に作成した教材よりも、万人に見られて競争を勝ち抜いてきた有名な本で勉強したほうがはるかに効率が良いです。

ただ、単にIT関係の勉強をしたいというだけであれば、スクールに行くとやる気が出るのでおすすめです。

IT業界に未経験で行こうとしている方の場合、「やる気が出ない」という場合はその地点でもう諦めるべきです。

IT業界に行きたい人がスクールに行くタイミングは?

※IT 業界に転職したい人以外は読み飛ばしてください。

スクールに行くと良いタイミングは、基本的なプログラミングができて、パソコンのハードの知識が少し身についたときです。

ITは技術の発展が早く、実務をしていた人に聞くのがもっとも効率が良いです。ただしそれは、プログラミングの文法の問題ではなく、よりよいコードを書く段階の話です。プログラミングの基礎の勉強には本を使いましょう。初心者向けの本は非常に洗練されたいいものが多く出版されています。

おすすめの学習方法

独学におすすめのWEBサイト、書籍

ドットインストール(WEBサイト)

1動画1分程の動画が公開されている、基本無料の学習サイト。

本当に初歩の初歩から教えてくれるので、とっつきやすく、何も知らない状態でも理解できるように構成されています。

途中から有料になる講座も多いので、うまく使うと良いでしょう。

Udemy(WEBサイト)

世界最大のオンライン学習動画サイト。

プログラミング初心者向けの講座や、パソコンの操作方法、ipadなどのタブレットの操作方法などの講座もあります。

値段は2000円から5000円くらいまでの金額の講座が多く、本一冊買うのと同じくらいの値段で講義を受けることができます。

入門書を読んでも全く分からない場合や、逆に入門書が終わったので次の段階に入りたいという方に向いています。

Codeacademy(WEBサイト)

海外の無料のプログラミングサイト。

日本語対応していない講座もありますが、WEBサイト上で直接プログラミングを実行できるので、事前に何も用意する必要がありません。

WEBサイトに行けばすぐにプログラミングをはじめることができます。

スッキリわかるJava入門シリーズ(書籍)

プログラミングを勉強したいと思っている人は、まずこの本から入ると良いです。

アマゾンで100件以上レビューがあり、星が4.5とかなりの高評価で、RPGを作る設定でプログラミングを学んでいくコンセプトです。非常にわかりやすく、根本から理解できるのでおすすめです。

IT人材白書(書籍)

IPA(情報処理推進機構)が公開している、IT業界の人材についての報告書です。

たとえば、フリーランスプログラマと会社員プログラマの年収の比較や、海外と日本の情報産業の構造の違いなどが詳しく書かれています。

IT業界に行きたいと思った方は一度見ておくことをおすすめします。

Anaconda(開発環境)

pythonという言語を使ってプログラミングする環境です。

pythonは2017年現在、非常に人気のある言語で、入門者にもおすすめの言語です。データ分析の仕事に就きたい方などには特におすすめです。

googleで「anaconda python」と検索して調べてみてください。簡単にプログラミングをはじめることができます。(他の言語だとプログラミングを始める環境をつくるだけで一苦労です)

おすすめのプログラミング・ITスクール

techcamp

実際にWEBアプリケーションなどを作るところまで教えてくれる講座です。

入校(講座の始まり)時期が1カ月間隔なので、そのタイミングに合わせて入ることになります。

1カ月から2カ月間短期集中でしっかり動くものを作ることができるので、WEBアプリケーションを作ってみたい社会人の方や、IT業界に就職したい方が主な受講者です。入校時期が同じ仲間もできるので、就職した後に相談したりできることを考えると魅力的です。

地方にはオフィスが無い場合もあるので、確認してみましょう。

CodeCamp

オンラインで会話しながら講師と学習するすたいるのスクールです。

なかなか教室に通う時間が無い方などにおすすめのIT・プログラミングスクールです。

ヒューマンアカデミー

株式会社ヒューマンの開催するIT講座。人材紹介の事業もしているので、ここで学んでそのまま就職の斡旋もしてもらう方が多いようです。

すぐにスキルをつけて就職したいという方にはおすすめです。

ただ、何か完成したものを作るという点ではtechcampの方がおすすめです。

Winスクール

日本全国にオフィスがあり、IT以外にもCADやDTP制作などいろいろな講座を開催しています。

「資格試験合格」を目標にした講座が多いので、IT関係の資格を取得して就職に役立てたい!という方におすすめのスクールです。

20時間10万円でAndroidアプリ開発などの授業があり、実際にモノを作るという点も考慮しています。

また、ネットワークやデータベース専門の講座があり、ピンポイントで勉強したいものがうまくはまる講座があれば、Winスクールがおすすめです。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら