未経験、異業種へ転職する際の志望動機のうまい書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職しようとしている会社が未経験や異業種の場合、志望動機がなかなか書けずに悩んでいませんか?当然経験がないのでなぜその業界に行こうと思ったかしっかりと説明しなくてはいけません。

この記事ではどうすれば論理的に相手を納得させられるかを書いていきます。

志望動機と一緒に実績を

まずは志望動機の中身の話ではなく、もう勉強をはじめているという実績を作りましょう。

あなたがやるべきことは「やる気があります」ではなく、「もう始めています」とアピールすることです。

それを履歴書に書いたり、面接でしゃべることによって一気に信頼されるようになります。本当にやる気のある人ならすでに始めているはずです。

「会社に入ってからその業界の勉強をします」では遅いですし、面接官も納得してくれません。

よくあるNG志望動機

よくあるNG志望動機を書くので納得したら、履歴書や面接では使わないようにしましょう

その会社の強みを自分の志望動機に一致させる NG!

これはよくある間違いですが、一番危ない選択です。

本当にたまたま会社の強いところが、自分の志望動機と一致しているのであればそれでもいいのですが、そんなことは稀です。

就活での上等手段なので、面接官もすぐに気づいてしまいます。そんなときに、「他の会社でも同じことやっているけど、どうなの?」なんて言われたら終わりです。

会社の強みを自分の志望動機と直接結びつけてはいけません。「こういう仕事をしているからこういう仕事ができる会社を探している」や、後に書いている自分の実体験と直接結びつけるほうが効果的です。

その業界・業種がおもしろそうだと思った NG!

上でも説明したように、「面白そうだと思った」とか、「やりたかった」というのは一番危ない理由です。

なぜなら、ほうんとうに面白そうだと思ったのならば、もうすでにやっているはずだからです。正確には、「面白かった、やりがいを感じた」とすべきです。

では、実際にどうすれば「面白かった」と書く&話すことができるのかというと、何か小さなことでもいいのでやってみることです。

もし今の会社の中の業務ですこしでも新しい行こうとしている業種・業界に通ずることがあったのであれば、「〇〇を経験して、それが自分に合っていた」とか、「〇〇を実際にやってみて、やりがいがあった」と説明すれば説得力が増します。

これまでの業界・業種のマイナスな面を言う NG!

これは当然なのですが、マイナスな面をあえて言う必要はありません。

「なんだこの人、きついからただ逃げてきたのか」と思われるのがオチです。

よくありがちなのは、

  • 残業があまりに多く、体調を壊した(面接官:うちの会社でもそうなるかも。。。)
  • 給料が安く、もっと高い給料の業界に行きたい(面接官:すぐ転職しそうだな。。。)
  • 人間関係がうまくいかず。。(面接官:うちの会社でもそうなるかも。。。)

面接官に同情してもらうのはやめましょう。

ついつい、言ってしまいがちですが、気持ちを押し殺して、プラスのことだけ言うべきです。

おすすめの志望動機

当たり前ですが、プラスの志望動機がおすすめです。

実際にやってみてやりがいを感じた OK!

これも上に書いたことの繰り返しになってしまいますが、今いる会社で、行きたい業界に少しでも関係のある業務をしたことがあるのならば、それを理由にして、「実際にやってみたら、やりがいを感じた」というのが最強で、一番説得力があります。

「やってみたかった」ではなく、「やったら楽しかった」のほうが説得力がありますよね。すでに行動しているわけですから。

やる気は、やる気がない人でもアピールできるので、差別化できません。

自分の得意な部分を一番活かせる職業に就きたい OK!

たとえば、 以下のような例文になります。

「私は、前職で自分の得意なことは〇〇だと感じました(同僚にもそう言われました)。」

「なので、その得意なところを一番活かせる職業を選びました。」

もちろん、自分の得意なところと、職業が一致していないといけませんが、そもそも転職しようとしているのであれば、そういう業種をおすすめします。

自分の得意でない分野に行ってもろくな事はありません。

相手によって変える志望動機

相手によって志望動機は当然変わります。

 大手企業なら伸びしろを、中小企業なら即戦力を

大手企業は、今能力がなくても育てるだけの体力があります。

反対に、中小企業は比較的体力がありません。なので、相手によってある程度志望動機も変わってきます。

大手企業の場合は、とにかく伸びしろをアピールする志望動機にしましょう。「私はこういうことができるし、勉強するのが得意で、資格も短期間で取った実績があり。。。」など、これからいくらでも成長することをアピールします。

逆に中小企業の場合は、もうすでに実力があることをアピールしなくてはいけません。「資格を短期間で取れるほど有能だよ」なんて言ってられません。「もうすでに仕事をできるくらいの能力はありますよ!」というノリで行くべきです。

「実際に業務でこれくらい早く作業できてましたよ、実績をだしていましたよ」というアピールです。

ベンチャーにはやる気を

ベンチャー企業を受ける場合は、ひたすらやる気をアピールします。

やはり、ベンチャーはブラックで残業当たり前です。やる気がないとそもそもやっていけないので、そういう人を採用する傾向にあります。

小さい会社では社長の雰囲気に合わせて(半分運です)

面接時にならないとわからないので、履歴書には書くことができませんが、小さい企業の場合、採用が社長の独断で決まりがちです。

社長の一言で採用したり採用しなかったり、判断基準が社長の感情になっている場合があるので、面接ではうまく合わせるようにしたいところです。

ただ運の要素があるので、こればっかりはどうしようもありません。柔軟に変えれる場合は相手に合わせていきましょう。

まとめ

簡単にまとめると、

  • 志望動機はプラスの内容に
  • 小さくてもいいので、転職しようとしている業界の実績を作る

です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら