30代で日本語教師に転職してよかった話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅メーカーから日本語教師になった話です。

大学では建築を学んで住宅メーカーへ

大学で建築を学び、10年ほど住宅メーカーで営業や設計をしていました。

就職氷河期で、最初はゼネコンへの就職を希望していたものの、ゼネコンの女性の採用はほとんどなく、比較的女性の採用がある住宅メーカーを受けることにしました。書類審査は半分ぐらいは通過するのですが、最終面接まで到達したのは2割ぐらいでした。

仕事が残業が当たり前のような業界なので、圧倒的に男性の採用が多く、女性の採用がほとんどない会社もありました。設計を希望していても、営業やCADなどへの採用が多く、悩むことも多かったです。

しかし、人生で一番高い買い物のお手伝いをできるというのはとても魅力的でした。

設計部門へ

最初に勤めた会社の業務内容は、最初は営業で、5年目に設計部門に移動になりました。女性の営業は難しいと言われましたが、圧倒的に女性が少ない中で、奥さんと仲良くなると、話が進むことが多く、打ち合わせや物件の引き渡しなど、長い間人間関係を形成して、喜んでもらえる仕事は個人的にはとてもやりがいを感じました。

営業は仕事中に外回りという名でサボることもできたので、心に余裕はありましたが、ノルマに追い詰められることもありました。ただ契約が取れているときは、比較的時間にも心にも余裕があり、最低限の仕事をしていても、何も言われませんでした。

激務から転職しようと決意

職場の人間関係はとてもよかったのですが、激務ということもあり、同僚が次々と辞めて行ったり、新入社員が慣れた頃には辞めてしまい、自分が責任をとらないといけないことも多かったです。また、なかなか資格試験の勉強時間が取れずに、合格せず、休みの日には学校に通う生活が何年か続きました。

転職をしようと思ったのは、また、打ち合わせが夜に入ることが多く、帰りが日が変わることが多く、体調が悪くなることがあり、それが直接的な辞める原因になりました。休みがあっても、病院に行って寝ると、あっという間に終わってしまい、このままじゃ体力が持たないと思ってしまいました。

日本語教師への転職

以前に、海外旅行が好きという理由で、日本語教師の資格を持っていたことと、当時図面と向き合う日々が続いていて、人と話す仕事をしたいということから、日本語教師になることにしました。

日本語教師の仕事は楽しい

日本語学校に転職をし、仕事は日本に来た外国人の留学生や技術研修生に日本語を教えることです。仕事の難しいところは、クラスの人数が多い場合、細かいところまで学生に理解させるのが難しいところで、学生に教えるためにいい方法を考え、いつも頭が日本語のことでいっぱいになっています。

ただ、とてもやりがいになることで、学生達が大学や大学院に進学が決まり、お礼を言ってくれるときはとても嬉しいです。仕事の人間関係は比較的いいですが、非常勤講師も多く、職場で顔を見合わせる時間が少ない人も多いです。仕事に必要な能力は教えるのが好き、人と接するのが好き、話すのが好きという基本と、学生達といつも向き合う心があるかだと思います。

給料とワークライフバランス

転職前の会社と今の日本語学校ではいろいろと違います。転職前はかなり契約件数を取っており給料が比較的よかったので、今の給料は当時の3分の2程度です。しかし、夜遅くまで残業したり、休みの日に出勤したりすることはなく、プライベートの時間はかなり充実していて、心にも余裕が持てています。また長い間、連絡を取っていなかった友人とも定期的に会う機会が増えてきました。

前の会社の上司は細かい内容まで指示したり、ケチをつけたりしてきていましたが、今の上司は経営者であり、私達に仕事を任せているので、特に細かい指示をすることはほとんどありません。ただ、何でも自分で考えないといけないという不安もあります。

現在の仕事はおもしろく、給料は減りましたが、それでも続けたいと考えています。特にこれからは外国人労働者が増えると考えられるので、将来性はあるかなと思います。また、教えながら、大学院にも通い始めたので、少し教えられる分野は増えそうな気がします。

20代30代から未経験で日本語教師になるのはおすすめ

20代、30代未経験でこの業界に入ることについては、多くの人がそうなので、特に問題はないと思います。どちらかと言うと、社会経験があるほうがこの仕事に向いていると思います。

ただ、非常勤職員からスタートして、常勤職員になることが多いので、仕事を始めた頃は生活が辛いかもしれません。

常勤職員ですと、月給が保証されていますが、非常勤職員の場合は授業の時間数×時給で、準備のための時間はお金が発生しないことも多く、この分野に入る前には、ある程度貯金をしていたほうがいいように思います。

また、学歴社会のようなところがあり、ステップアップするためには、大学院に行って、修士を取らないといけないといったようなこともあり、教師になってもずっと勉強を続けていく気持ちがある人じゃないと、なかなか仕事は続かないかもしれません。それから、こちらは圧倒的に女性が多く、9割がたは女性の職場です。”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら