20代・30代で未経験・プログラマーの良い求人の探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「プログラマ・未経験・求人」で検索すると、Indeedなどの求人情報がたくさんでてきます。なぜそこまでたくさんの求人があるのか、また良い求人を探すにはどうすればいいか考えていきます。

 たくさんある求人。なぜ未経験でもOK?

なぜ未経験でもOKなのか?それは単純に「IT業界全体が人材不足」という理由です。IT業界は常に人材難で、大学で情報学部(ITに直結する学部)を出ている人では全く足りず、新卒で学部不問で探しても足りないからです。

「未経験OK」という求人が地雷(ブラック企業の求人)というのはよく聞く話ですが、ことITに限ってはそうとも言えません。

また、「未経験OK」なのは、プログラマ自体が実力主義で学歴や経歴をそれほど重要視しないためです。なので、「未経験でも積極的に勉強して働く人であればOK」というスタンスで採用をする企業がほとんどです。

30歳を過ぎていても大丈夫か

中小企業を狙う

先ほど「未経験OK」の求人がたくさんあると書きましたが、それはある程度若い人だから「未経験」でもOKな訳であまり歳をとっていると当然採用されにくくなります。

では何歳ならOKなのかというと、「中小のIT企業なら30歳は大丈夫」というのが結論です。大手企業になると応募がいくらでもあるので、30歳全くの未経験という人材を採用する必要がほとんどありません。

また、「SE」であれば社会人的な総合力が問われるのに対し、プログラマは技術力が勝負なので未経験だとなおさら採用されにくくなります。

採用された後に挽回できるか

では実際に30歳未経験で働き始めた人が、挽回して良い役職になれかですが、全く問題ありません。

役職が上がるという事はプログラマで一生食べていく訳ではなく、プロジェクトを管理したり契約を管理したりといった仕事になるので、プログラマになる前の社会人経験が生きてきます。

そのため、採用されたあとに挽回することは十分可能です。

30代前半と30代後半

先ほどから30歳というキーワードで話してきましたが、30代前半と30代後半では当然就職のしやすさは変わります。

30代前半ならプログラマとして転職可能ですが、30代後半はなかなか厳しいものがあります。そもそも一般的に転職市場では35歳から急激に転職が難しくなると言われています。

そのうえ全くの未経験で30代後半となると、転職活動自体にはかなり苦労するはずです。ただし、本当にどうしてもなりたい場合はプライドを捨てなくてはなりませんが、新卒並の給料であれば雇ってくれる可能性はあるでしょう。

もしくは、プログラマではなくSEやSIer、営業であれば社会人経験を利用して転職可能です。

未経験でそこそこの会社に入るのが吉

これはどの業界にも通ずるのですが、いきなり大手のホワイトIT企業を狙うのはよほどの経歴がない限り厳しいです。

なので、まずはとっかかりとして、中小企業を受けて入社し、3年から4年ほどのキャリアを積んでホワイト企業に転職というのが成功パターンになります。

そのあいだに身につけるべき能力はこれからもっとも需要の高い「AI・python・クラウド」というキーワードです。もし「クラウド」や「python」を知らない方は調べてみましょう。できる限り求人の多い分野に行き、必要とされる人材になれば転職がしやすくなります。

短期で物事を考えず、しっかり長期でキャリアプランを練りましょう。

未経験プログラマ求人の選び方

一般的に、派遣会社のプログラマはあまりおすすめされていません。派遣会社は人を貸すだけで自社で何かノウハウを持っている訳でもなければ、教えてくれる人も少なく、給料もあまり高くありません。

しかも派遣会社は派遣会社とわからないように、なるべく隠そうとしてきます。会社のHPを見てみて、曖昧なことしか書いていない会社はかなり怪しいです。

大抵、「自社で開発した」と言えないので、「こういう仕事があります」という書き方をしているのでよく調べてみましょう。人材派遣しかしていない会社は避けるべきです。

一番重要な観点

企業がなぜ採用しようとしているかを見抜くことで、ブラックかそうでないかを見抜くことができます。

企業が求人を出すときには以下の2パターンしかありません。

  • 業績拡大で人が足りないため
  • 人が継続的に辞めていくため

もちろん狙うのは、上の「業績拡大」している企業で、下の「人が辞めている」から採用している企業はろくな会社ではないので避けるべきです。

年がら年中採用活動をしている企業は怪しいと思って間違いないです。

転職サイトではなく、エージェントを使う

転職サイト以外におすすめなのは転職エージェントです。一般にはあまり馴染みのないサービスですが、できれば少し面倒でも以下理由からエージェントを使ったほうがよいです。

転職エージェントとは、企業と転職者を結びつけるサービスです。

  1. 転職エージェントは過去の転職情報から、年収や面接で聞かれる内容などをデータとして持っています
  2. 基本的に転職者は一人の転職エージェントと相談しながら転職を進めます。
  3. 転職エージェントは転職者を企業に紹介し、企業から報酬を受け取ります
  4. 企業と転職者のミスマッチを防ぐ目的があります

基本リクナビが最大手なのでそこを使えば間違いないですが、自分に合ったエージェントを使うことをお勧めします。

総合系転職エージェント(上から順番に大手でおすすめ)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら