高専・専門・短大卒の方の転職体験談①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

高専・専門・短大を出た方の転職体験談をWEBアンケートで聞きました。転職に悩んでいる方は参考になると思うのでぜひ見てみてください。

三人の転職体験談

三人の転職体験談を紹介します。

CADオペレーターA・Nさんの転職体験記

データ

  • 性別:女性
  • 年齢:30代
  • 所在地:神奈川県
  • 職業:主婦
  • 転職回数:2回
  • 平均転職活動期間:4カ月から5カ月

国立高専の電子工学科卒業し、就職・転職した体験記

30代の主婦です。国立高専の電子工学科を卒業しています。
高専に入った理由は好きな分野を効率的に勉強でき早く社会に出れる点を魅力に感じたためです。
理系、技術職で働きたいことは中学時代に決めていたので大学受験に使う時間は無駄に思えました。

実際に高専に入ると1年からすぐに専門科目や実習が始まり、楽しい反面勉強についていけなくて慌てる場面もありました。自由な校風なので遊んでしまう人も多くストレートで卒業できるのは半分くらいでした。

私もアルバイトや部活など学生生活を満喫しましたが留年だけは絶対に嫌だったのでテスト前は必死に勉強しました。ちゃんと卒業していった先輩たちは名のある企業に就職したので私も続きたいと思っていました。

物心ついたときには不況が始まっていたので学生時代から就職についてはシビアに考えていました。
会社は経営が安定していて女性でも働きやすい大企業が一番だと思っていました。

そんな私が就職先として選んだのは大手食品メーカーの技術職でした。工場の保全が主な仕事で大手ならではの手厚い福利厚生が魅力でした。しかし第一志望の会社に見事内定し、就職を待つだけというタイミングでその会社の不祥事かありました。内定取り消しにはなりませんでしたが先行きが不安になりました。

仕事が始まり2年目にもう一度不祥事があり、他の競合会社に吸収合併されました。職場のルールが大幅に変わったり人事異動がたくさんあったりして戸惑いました。工場にいる全社員が一旦退職、再就職という形をとることになり、そのタイミングで私は辞めました。

2年の経験では転職の武器にはならず、再就職する前にもっと手に職をつけたいと思いました。技術職として現場で働くことにも女性としての限界があることを感じ、CADのスクールに通い始めました。CADなら職場によっては電子工学科で習ったことが役に立ち性別に関係なく長く働くことができると考えたためです。

仕事はせずに半年スクールに通いCAD利用技術者検定の2級を取りました。資格を取ってから自動車メーカーの求人を見つけ応募すると見事採用されました。その会社で使っていたのはスクールで使っていたCADソフトではありませんでしたが、研修も受けさせてもらうことができCADオペレーターとして2年働きました。

しかし2年経つと毎日の仕事が電子部品の製図、修正ばかりで退屈に思うようになってしまいました。毎日同じことの繰り返しで誰とも会話することのない日もありました。このままでは精神的にも健康にも悪いと思い退職を決めました。

次の仕事を探すときにはスタッフサービスに登録しました。事務職を希望していたのですが経験がないためエージェントと利用したほうが有利だと思ったためです。派遣で働くことに興味はありませんでしたが、一定期間派遣で働き正社員として採用される紹介予定派遣という働き方が気に入りました。

エージェントには私に何の仕事ができるのか、アピールすべきポイントなどを教えてもらいたいと思いました。カウンセリングのときにスタッフが親身になって話を聞いてくれ、未経験でも事務職は目指せることや英語が得意なこともアピールすべきだとアドバイスされました。

紹介予定派遣に絞って活動していると私のスキルや希望にぴったりの会社を紹介してもらうことができました。CADソフトの販売、トレーニングを行っている会社の営業事務で、すぐに採用が決まり、3ヶ月の試用期間ののち正社員登用されました。

現在は育児に専念するため専業主婦ですが、落ち着いたらまたエージェントに登録し家事・育児と両立できるような働き方を探したいと思います。

システムエンジニアY・Nさんの転職体験記

データ

  • 性別:男性
  • 年齢:30代
  • 所在地:大阪府
  • 職業:システムエンジニア
  • 転職回数:1回
  • 平均転職活動期間:3カ月から4カ月

大手専門学校の高度情報処理学科卒業し、就職・転職した体験記

某大手専門学校の高度情報処理学科に入学しました。

IT系ならこれからAIやビッグデータの分野で需要があると思い入学しました。就職については仕事はあるけれども大学の学部生が優先されるのではないかと少し不安でした。それでも一応就職先が見つかりとりあえず生きていくうえで困ることはありませんでした。

一社目で不満だったことは評価制度が不透明だった点です。例えばあるソフトウェアの改善の為私が頑張ったのに他の人の手柄みたいになっていたりすることがありました。また給与やボーナスも安定はしているのですが頑張った分だけ妥当な評価をしてくれているように思えなかったのでもっと実力主義の会社で働きたいと思いました。

転職活動をする前に専門学校時代の友達に相談しました。専門学校卒業でも転職が出来るのか、転職して後悔したことは無いかなど出来るだけ自分の中での不安を解消する努力をしました。

友達に聞いたところシステムエンジニアならそれなりの需要があるから実務実績が5年程あるなら転職サイトのエージェントを使ったほうがいいというアドバイスをもらいました。今まで就職でそういったサイトは使ったことが無かったので少し不安でしたが登録しました。新卒の頃は専門学校の先生の紹介で企業を紹介してもらっていました。半分コネ入社です。

今回はDODAという大手転職エージェントを利用しました。

登録をして1週間ほどたつと担当のエージェントと一度面談をしました。1時間ほどで履歴書の添削をして貰ったり、自分がどのような転職を目指しているのかを伝えました。あとはtype転職エージェントも使いました。どちらも似たサービスでした。

転職サイトの選び方ですがとりあえず大手を2、3社登録しておくといいです。定期的に自分の軸に会った転職先を紹介してくれるので便利です。とりあえずアンテナを2、3こ程持っておくことで選択肢が増えます。転職エージェントの方には面接の練習をしてもらいました。正直な話内向的な性格で自己PRが得意ではないので不安でした。

だから面接やPRの練習に付き合ってもらいました。実績はそれなりにあったのでネタに問題はありませんでしたが、上手な伝え方について教わりました。個人的にはDODAのエージェントが一番対応が良かったです。カウンセリングの時間も一番長くとってくれたり質問にもわかりやすく答えてくれました。しいて言うのであれば対応が少し遅いと感じることがありました。

私が転職を希望した時期が忙しい時期だったというのもあるのですが、もう少し早くメールを返事してほしいと思うことが何回かありました。その点に関してType転職エージェントはメールや電話での連絡が早かったです。結果としてDODAを通じ新しい仕事に就けました。前よりも忙しくなりましたが、年収も50万ほど上がりやりがいも感じられる職場なので満足しています。

プログラマU・Tさんの転職体験記

データ

  • 性別:男性
  • 年齢:30代
  • 所在地:和歌山県
  • 職業:プログラマ
  • 転職回数:2回
  • 平均転職活動期間:6カ月以上

情報系専門学校を卒業し就職・転職した体験記

情報関連の知識を取得することを目的にして、IT情報関連に特化した専門学校を志望して1年間在籍しておりました。

この専門学校を志望した理由は先述したことに加えて、国家資格でありパソコンや情報処理の基礎的知識を網羅できる基本情報処理技術者試験の資格を取りたかったこともありました。

そこに在籍していた間は、この資格取得と応用情報処理技術者試験という上級資格を含んだ内容の勉強が専らで、プログラミングなどパソコンに触れる機会は少ない上、就職関係のメニューが組まれたのは基本情報試験が終わった11月ごろからでした。このため、プログラマーとして働くイメージに関して在籍中は、あまり感じられず年が明けても感じられませんでした。

急ピッチで就職活動をして地元から離れたところに内定を得たものの、働くイメージが持たなかったうえ、学生気分が抜けきれなかったため、志望したような仕事を得ることなく1年強でリタイアをしてしまいました。

リタイアした後は、1年以上立ち直ることができず、自宅に引きこもる生活を続けていました。この後再開しましたが、まず専門分野に拘らず、仕事の種類の中で自分に適したものを選ぶことからはじめ、畑違いの工場のライン作業に絞って転職活動をしました。

具体的にはハローワークや日曜日中心に届く地元の求人チラシを基に求人を見つけて、一般的な方法と同じように履歴書での書類審査と面接という流れで転職活動を行い、2か月ほどで働き口を見つけることができ、即日で勤務することになりました。

しかし、ライン作業では作業の遅さが目に余るほどで、周囲の足を引っ張るなど迷惑をかけたことから1か月ほどでクビになってしました。
そのあとは、もう一度専門で学んだIT・情報関連に絞って転職活動を行いました。その際、学生時代に行ったリクナビやマイナビ中心の自由応募の就職活動よりも転職エージェントを使った就職活動のほうが優位であることをインターネットなどの情報から知り、先述した会社が運営しているリクルート社の転職エージェントを使うことにしました。

そこでは、初回の面談で、基本情報技術者試験を通じた学習で何を得たかや1社目で行ったことは何かといったことを纏めたほうがよいということをまず教えてもらい、これを基に応募書類等を作成して、推薦してもらった企業の面接を受け、内定を得ることができました。初めから親身に対応してくれたので、直してもらいたかった点はありません。

自分の志望したプログラマーの仕事をやっているので、仕事内容に満足しています。不満な点はトイレなどの設備面がありますが、許容範囲です。転職エージェントを使ってよかったと思っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら