未経験でタクシー運転手になるか迷ったら読むべきおすすめの本3冊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

タクシー運転手の実体験を見るには本を読むのが一番手っ取り早いので、タクシー運転手が書いた本を紹介します。

1.潜入ルポ東京タクシー運転手

潜入ルポ 東京タクシー運転手

内容

  • ノンフィクション作家がタクシー運転手になるまで
  • どうやったら良いタクシー会社に入ることができるか
  • 運転手の負担(ストレス)になる事は何か
  • お客さんの探し方
  • 交通事故を起こさないためにどうすればいいか

概要

ノンフィクション作家が実際にタクシー運転手になるまでと、なった後の事を赤裸々にまとめた本です。

まったく業界を知らない人がタクシー業界をしってからどのような苦労をしたか、そこからどのように稼ぐようになったかが分かります。

もうこの一冊ですべてを語りつくしているのではないかというくらい、網羅されています。タクシー運転手になる前に、どんなことが起こるのか想像でき、なったあともどうやったら事故を起こさずに運転できるのかなど、役に立つ内容が満載です。

タクシーに転職しようと思っている方はぜひ読んでおきたい一冊です。



2.タクシー運転手ここだけの話

タクシー運転手ここだけの話

内容

  • 運転歴10年の著者が経験してきた内容を本にまとめた
  • 実際に運転しているとどんな問題や良いことが起こるのか分かる

概要

この本は、「ココだけの話」という内容が物語っているように、実際にタクシーで起きた話をまとめている本。

転職者になにがおすすめなのかというと、タクシーの運転手として起こる「悪い」問題があなたが耐えられることなのか確認しておくうえで、一番わかりやすい本だということ。

例えば、車内で嘔吐されたときにはお客さんを訴えることはできないし(時間的な問題もあり)、慰謝料のようなものを無理に求める事もできない。そういうときは「そのあと一日仕事にならなくなる」ことが良く起こるらしいです。

本書をざっと見てみて、それでもタクシー運転手が自分に向いているのか確認してみるといいでしょう。(そこまでマイナスなことはない印象。おそらく、嘔吐がもっとも厄介。)

3.女タクシー運転手真夜中のひとりごと

女タクシー運転手真夜中のひとりごと

内容

  • 12年間女性としてタクシー運転手として働いている著者の話
  • 実際にタクシー運転手になるまでの話
  • 東京ではなく、名古屋で働いていた人の話

概要

名古屋でタクシー運転手をしていた女性の話。本自体薄いので、あまり情報量は無いが、女性でタクシー運転手になりたいと考えている人は読んでみるといいかも。女性だからと言って、それほど何か問題が起きやすいといった印象は、この本からは受けない。

実体験をもとに書いてあるが、1.の潜入ルポ 東京タクシー運転手を読んでおけばだいたいわかってしまうので、読まなくてもよいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら