転職の相談相手の軸と探し方を本気で考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分は転職を数回していますが、そのたびに思うのが「転職の相談相手がいない!」ということです。

結構している場合は奥さんがいますが、自分の業界のことを全く知らないのでなかなかうまく話ができません。。

相談するにはだれがいいか、どうやって相談する人を探せばいいかをざっとまとめてみました。相談相手探しに悩んでいる人がいればぜひ本記事を見てみてください。

転職相談相手の選び方の軸

転職相談相手の選び方の軸ですが、まず以下の条件を満たす人が一番キャリア相談に適していると考えています

  • 自分の業界に詳しい人(ITならITに詳しい人)
  • 自分よりも5-6年先輩の人(25歳なら30歳過ぎの人)
  • それなりにキャリアを築いている人(例えば自分の行きたいベンチャー企業に勤めている人)
  • 転職の経験が複数回ある人

一応説明させてください。

自分の業界に詳しい人(ITならITに詳しい人)

もうこれは当たり前なのであまり詳細を説明しませんが、自分の業界のトレンドを全く知らない人に相談しても何もわかりません。これから何が来るのか、どういう人材が必要とされるのかは中を知っている人にしかわかりません。

できれば同じ業界、最悪近い業界の人に相談するのがそりゃあいいですよね。間違いなく。

ちなみに転職エージェントを使うのならば、自分の業界に詳しい人に担当してもらいましょう。ただ、転職エージェントの場合は専門でなくても結構知っている場合が多いので、専門じゃなくても良いというのが私の持論です。

自分よりも5-6年先輩の人(25歳なら30歳過ぎの人)

もし自分よりも15年先輩だったら、その頃とはキャリア形成の方法が変わっています。昔は年功序列で転職しないのがキャリア形成に一番の方法だったのかもしれませんが、今はそんなことはありません。

15年前って何の意味もなく超ハードワークしていた人が多いですし、今当時の方法と同じ方法を試したところでうまくはいきません。そんな人よりも自分より5年くらい先輩の方法を聞き、その人をロールモデルにした方が間違いなく良いです。

なので5,6年先輩の真似できる人を探すのがBESTです。ただ高校の先輩とかでも2年だけだし、大学でも最大で3年なので結構難しいんですよね。5,6年先輩は。。

linkedinとかfacebookとかで同じ学校の先輩を探せば5,6年先の先輩を探せますね。もしくは友人伝い。

それなりにキャリアを築いている人(例えば自分の行きたいベンチャー企業に勤めている人)

まあこれはそのままですが、逆にキャリアを形成するのに失敗している人でもよいのですが、全く考えていないで仕事している人もたくさんいるので(経験的に)人を選んだほうがよいです。

ただ単に高い給料ほしいと言っていて何も行動していない人には聞かないように。。

転職の経験が複数回ある人

転職の経験が一回もない人に転職の相談するのはマジでやめた方がいいです。転職したことがない人は転職の事情を全く知りません。また、キャリアをどう形成していくかをあなたほど真剣に考えてない場合が多いです(実際僕の周りではそういう人がおおいです)

私の場合は転職する際に、一回も転職をしたことがない上司にいろいろ言われたことありますが、「転職したことない人に何がわかるんだろう」と思ったのを覚えています。。

相談相手はいた方がいい

「相談相手は無理やりでも探した方が良い」というのが私の意見です。

というのも、転職活動はけっこう大変で途中であきらめたりそもそも方向性が間違っていると失敗してしまうからです。

特に、転職の期間を先に決めていたり、短期で転職してしようと思っている場合は会社選びや業界選びのミスは致命的です。

まずは相談相手を見つけた方が無難です。

逆に何回も転職できる能力&自信のある人や、長期で転職活動しようとしている人はそれほど必要ないかなとも思います。

相談相手の探し方

これまでの話から考えると結局難しいという結論になってしまうのですが、それでも頑張ればみつかります。

相談相手の探し方には以下の方法があると思っています。

  • WEBサービス(MENTA)を使う
  • WEBサービス(ココナラ)を使う
  • Twitterで探す
  • LINKEDIN・facebookで探す
  • 転職エージェントに相談する
  • 本サイト管理人に相談する

WEBサービス(MENTA)を使う

一番おすすめなのがMENTAというサービスで、相談相手にお金を払って相談してもらうWEBサービスです。

メンターに少しお金を払わないといけないのですが、普通に現役の会社員が登録しているのでかなりおすすめです。

お金が発生する以上、メンターとなる人にも責任が発生しますし、適当なことはできないので他のサービスで探すより確度が高いです。

私は実際には使ったことはないのですが(使う予定)見る限り結構な人が登録していて、実際にメンターと会話して相談している人も多いようです。

またこのサービスをおすすめするもう一つの理由は、「キャリアの相談だけを専門にしている人」ではなく、「実際に行きたい業界で働いている人」に相談ができるためです。

キャリアコンサルタントっていくら言われても、実際にその業界で働いていない人に相談するのはちょっと微妙ですよね。

ただ、キャリアコンサルタントは業界間の違いを知るには良いので、どんな状況でもMENTAが良いと言っているわけではありませねん。

WEBサービス(ココナラ )を使う

割と最近有名になってきているサービス「ココナラ 」を使う方法もあります。

普通にサービスや物を売っているイメージのあるココナラですが、「有料で相談に乗ります」という類のサービスもあります。

ITエンジニアなんかは特に登録が多いので、エンジニアで転職相談したい方にはかなりおすすめです。

例えば実際に働いていて転職のサポートをしている人にも転職の相談をできます(これ系が一番良いんですよね)

「転職相談」みたいなキーワードで検索してみてください。けっこうな人数出てきます

Twitterで探す

ツイッターなんかで見つかるか!と思っているでしょうが、意外にみつかります。自分もツイッターでDM送ったりしています。

ツイッターは仕事に対する意識の高い人は情報収集のツールとして使っているので、自分の仕事のことを発信している人が結構います。上の条件を満たしそうな人をみつけて、とりあえずDMを送りましょう。これは経験則なのですが、悩んでいると意外に親身になって聞いてくれる人が多いです(無視されることも当然ありますが)

日本中の人が相談相手の対象になるのが魅力です。ツイッターやっていない人も登録は簡単なのでやってみることをおすすめします。

Linkedin・facebookで探す

Linkedinは自分のキャリアを登録するSNSですが、自分と同じ会社に過去に属していた人や、大学を登録している人がいます。

自分と同じバックボーンを持つ場合、相手も親近感がかなりわくので、話を聞いてくれる可能性が高いです。

facebookの場合も大学や勤務先を書いている場合があるので、探すのにそれほど苦労しないはずです。ただ最近は放置している人が結構多いのでlinkedinの方が見つかりやすいかもです。

linkedinは世界的に有名なサービスで、企業の採用担当から直接メッセージがきたりするので登録しておくに越したことはありません。

転職エージェントに相談する

転職エージェントは転職してもらってその対価として企業から転職者の年収の2割から3割ほどをもらうという仕事ですが、相談だけでも受け付けてくれます

詳細はこちら→相談だけでもOKな転職エージェントとその理由

いろいろ言われるの面倒だなーという人にはあまり向いていませんが、転職することが確定していて相談したいのであれば、聞いてみるとよいでしょう。

総合系転職エージェント(私はリクルートとマイナビジョブ20’sを使用したことがあります)

本サイト管理人に相談する

私はITだけなら一応相談に乗れるので、もしよければ連絡ください。今まで二回ほど相談に乗ったことがありますw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

関連記事はこちら