Uncategorized

未経験でSEになれる?勉強方法と就職方法

27歳のときに未経験でSEになり、それなりに働けている管理人が「未経験でSEになれるのか」考察します

そもそもSEってどんな能力が必要?

SEには主に以下の能力が求められます。

  • 要件(システムの機能やお客さんの実現したいこと)を話し合って決めていく能力
  • チームで作業する際のコミュニケーション能力
  • 純粋な技術(プログラミングやIT全般の基礎知識)
  • システム開発を進めていく上での開発プロセスの理解

よくある勘違いが、「プログラミングや開発の技術がすべて」というもの。

実はプログラミングだけができればいいわけではなく、「どうシステムを開発していく」か、「どうアーキテクチャ(システムの仕組み)を設計するか」などプログラミングだけではなく広範囲な知識と能力が求められます。

本当にプログラミングしかできないのであれば、「プログラマ」にはなれますが、一般的にどこの会社に行っても「SE」のほうが給料は高いです。

また、インターネットで検索するとあたかもSEは技術がなく、自社サービスを開発しているエンジニアは技術があってえらい!みたいな記事がありますが、そういうわけではなくシステムを開発するにはいろいろな知識や技術、コミュニケーション能力が必要なので、一概に技術だけあればいいという訳ではないんです。

 

転職前にキャリアを相談したい!相談相手の探し方

キャリアを相談する相手はなかなか見つけるのが難しいのが現状です。

というのも、自分の進む分野で実際にキャリアを築いた人がなかなか見つからないためです。自分の友達だとほとんど同じようなレベルですし、会社の同僚や上司には当然相談できません。

下手に同業他社で働いている人に相談しても、その人の会社に勧誘されるのが落ちです。親戚であっても、ほとんどが専門外(自分の進みたい分野ではない)で、自分の目指しているキャリアとは全く関係ない場合が多いはずです。

無料・有料で自分に合ったキャリアを相談できる相手を紹介します。

続きを読む